bit

『ムシキング大ずかん』のほとばしる愛を読み解く

子どもたちを中心に、依然、大変なブームが続くカードゲーム「ムシキング」。そんなムシキングのことを何も知らない私だが、とりつかれたように「ムシキング、ムシキング…」と日々つぶやく甥っ子の宝物の1つ『昆虫超ひゃっか 甲虫王者ムシキング大ずかん』(小学館)という本をのぞいてみたところ、その深い愛に打ちのめされた。

カブトムシとクワガタばかりの甲虫図鑑を、どれだけ書き分けられるのか。私なんぞが書いたら、あまりに書くことなさに「ところで、そもそもカブトムシとは」などと抽象論に逃げちゃうか、文字数を埋めるために「そういえば、昔、カブトムシを飼ったとき」とか、思い出話などに引っ張ってごまかしたくなるもんだが、この本は違う。それぞれのムシの紹介文が実に細やかで、愛に満ち溢れているのだ。愛だ!

たとえば、ノコギリクワガタの「ノコギリのような大アゴがかっこいい、おなじみのクワガタムシ。気があらくけんかがすきだ。かなしいことに じゅみょうがみじかい」という文。短い中にも、人生の悲哀が描かれている。大げさにあおるのではなく、淡々とした表現が、かえって隠しきれない愛を浮かび上がらせ、胸をしめつける感じである。また、タイゴホンヅノカブトの「おとなしいのでけんかはすくない。ゴホンヅノカブトのなかまにしては からだのいろがじみである」には、どこか肩透かしな歯がゆい気持ちが感じられるではないか。

他にも、アクティオンゾウカブトの「そのはく力に ジャングルのサルもさけてとおるという」(ジャングルのサル? 何かのことわざか?)、タランドゥスツヤクワガタの「とても気があらく、おこるとブルブルとからだをふるわせる」とか、まるで親しい誰かをからかうような表現。さらに、ノコギリタテヅノカブトの「こうぶつの竹につかまりやすいように、まえ足がとくにながい」なんてのを見ると、つい竹をあげたくなってしまうではないか。これって母性本能…?
 
こんな愛たっぷりの本を作っている人たちは、さぞかし虫好きなのではないか。担当する小学1年生の編集部に問い合わせてみた。

「甲虫なので特徴は出にくいですが、セガのアーケードゲームの協力もいただき、虫紹介のコメントに関しても、一つ一つ手を抜かず、性格、特徴など、協議して作っております。もともとスタッフは、虫好きな人が集まっているんですよ。写真提供でも『むし社』さんとか、担当者よりよっぽど詳しい人ばかりですし」

やはり担当者の思い入れたっぷりの文章だったのだ! ちなみに、これらの表現がゲーム上で関連しているのか聞いてみると…。

「たとえば、『じゅみょうがみじかい』なんてのは関連してませんが、『おとなしいせいかく』とあれば、このひとは守りに向いてるとか、『はげしいせいかくでたたかいをこのむ』とあれば、攻撃型だとか。はっきりとはわかりませんが、ある程度コメントに対応するように、攻守のバランスなどが置き換えられてはいますね」

カードゲームをやる人ならもちろんのこと、カードゲームをやったことのない人でも十分楽しめる『ムシキング大ずかん』。スタッフの愛をひしひし感じるステキな本でした。(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年1月26日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース