bit

今や観光地!「冷凍じいさん」の物置小屋

今や観光地!「冷凍じいさん」の物置小屋
コロラド州のロッキーマウンテン近く、ネダーランドという小さな町がある。
この町こそ、全米で話題になっている観光地の一つになりつつある「冷凍じいさん」がいる「物置小屋」があるのだ。

「冷凍じいさん」ことブレダさんは、ノルウエー人。1989年11月6日に母国で亡くなったのも束の間、即刻アイスでパックされ極低温冷凍の為にカリフォルニアに送られた。それもこれも孫息子が「生き返り」を信じていて、じいさんにチャンスをあげようと思ったというのが始まりだ。

「冷凍じいさん」はカリフォルニアの研究所にドライアイス漬けにされ1993年までいたが、その後孫息子が見つけたコロラド州の「物置小屋」に移転して来て以来、今日までこの地に居住?しているが、かの孫息子の方は強制送還となり、お国に戻るはめになってしまった。それでも彼は遠い空から夢でじいさんと会話しているということだ。

「冷凍じいさん」の面倒は極低温研究所の人が月に一度、じいさんの様子伺い(身体検査)と多量のドライアイスを持ってやってくるが、町全体で「冷凍じいさん」の面倒を観ていると言った方が良いかもしれない。

現に3月には町主催の「冷凍じいさん祭り」なんていうものがあり、棺桶レースや「冷凍じいさん」そっくりコンテスト、「冷凍じいさん」家ツアー等、盛りだくさんのイベントが催され「じいさんグッズ」も人気商品ということだ。

孫曰く「じいさんは死んだんじゃなくて、再び生気を戻すために休んでいるだけ。100歳の誕生日を祝って研究所の人に頼んでケーキもドライアイスと一緒に入れてもらったんだけど、あと100年後にはそれを彼自身が食べられると思う。」
彼自身も死後はじいさんと同様「冷凍人間」になる登録も済ませているらしい。

そういえばディズニーの創始者、ウオルト・ディズニーも「肺癌」を完治できるようになった時点での生き返りを目指して「冷凍人間」になっている、という米国では有名な噂があったりするが、真偽のほどは…?(シカゴ/あらた)

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース