bit

鉄道博物館をハシゴする 「地下鉄博物館」編

地下鉄博物館は東西線葛西駅のガード下にあります。2003年6月にリニューアルオープンしたばかり。入場料は大人210円、子供100円となっております。

ここも「電車とバスの博物館」と同じく、券売機で切符を買って、自動改札機で中に入るカタチになっています。うーん、こういうのがやっぱりウレシイんですよね。

旧丸ノ内線車両や司令室のシミュレーションなどがリニューアル後に新たに加わったそうです。司令室のシミュレーションでは実際の駅のリアルタイム映像なども見ることができて、ちょっとした駅員気分を味わうことができます。他にも地下鉄完成までが立体映像で見られる「アンダーグラウンドシアター」やちょっとしたトリビアを身に付けることができるQ&Aコーナーなんてのもあります。

「地下鉄はどこから入れるのか?」春日三球・照代師匠の疑問もここでならタチドコロに解決するというわけであります。

しかし色々な展示の中でやっぱり人気なのは定番の運転シミュレータと鉄道模型。ここでは通常の画面だけのシミュレータに加え、実際の車両のような振動も味わえる本格派シミュレータも体験することができます。「電車でGO!」も地下鉄版は出てませんから貴重かもしれません。

個人的に面白いなあ、と思ったのは歴代の地下鉄マナーポスターが見られるコーナー。マリリン・モンロー「帰らざる傘」から延々つづくダジャレポスターを全て見ることができます。当時の流行や風俗を反映していて、ガンダムが流行っていた時にはちゃんとガンダムのパチモンみたいなのが出てたりします。なかなか味わい深いです。

建物自体はそれほど大きくは無いものの、子供向けの内容と博物館的な内容で上手くバランスがとれた博物館なのではないでしょうか。
(エキサイトニュース編集部 さわだ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年1月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら