bit

みんな大好き「日刊ゲンダイ」について調べてみよう

みんな大好き「日刊ゲンダイ」について調べてみよう
日刊ゲンダイが入っているビルはここだ!築地の日刊スポーツのすぐ隣であります。ビルの周りには「日刊ゲンダイ」のロゴが入ったトラックがたくさん止まってました。
「ABC対談」や「この解説者は必要か邪魔か」「それ行け!記者会見」などエキサイトのエンターテイメント欄にも記事を提供して頂いている日刊ゲンダイ。

その辛口なスタイルや、独特の見出し、文章のセンスが好評のようで、読者のみなさんからもよくご覧頂いているようであります。そんなわけで今回はその「日刊ゲンダイ」さんについて調べてみましたよ。

夕刊紙といえば「東スポ」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「内外タイムス」が夕刊四紙として知られておりますが、歴史を調べてみると意外にも一番古いのは「ナイタイ(1949年)」で、次が「東スポ(1960年)」「フジ(1969年)」。「ゲンダイ」は1975年創刊と一番新しい夕刊紙なのです。

「日刊ゲンダイ」は元々講談社出身の有志により作られた夕刊紙で、日本でただひとつのデイリーマガジン(日刊雑誌)として創刊されたそうです。だからエキサイトに載っているような記事もあまり新聞っぽくないテイストになっているわけですね。

実際、「株式会社日刊現代」は新聞協会には入っていませんが、雑誌協会には加盟しています。あくまでゲンダイは「デイリーマガジン」なのです。

ちなみにこの日刊ゲンダイ、一体どれぐらい売れているかというと、データによればなんと発行部数は168万部!日刊ゲンダイにはよく「この国の大マスコミはどうなっているのか」的な表現が出てますが、部数自体は大マスコミに負けないぐらい売れてるんですね。すごい!

これからもそのパンクで辛口な記事で私たちを楽しませて欲しいものです。がんばれ、日刊ゲンダイ!

・おまけトリビア
競馬のレースで「内外タイムス杯」「東京スポーツ杯」「夕刊フジ杯」はあるが、「日刊ゲンダイ杯」は無い。
(エキサイトニュース編集部 さわだ)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク