bit

100年守られてきた世田谷「秘密の花園」とは

世田谷区深沢。移り変わりの激しいこの住宅街のど真ん中に、田園風景がある!? それが、本当にあるのです。

場所は、駒沢通り沿いの深沢5丁目。等々力駅から歩いてしばらくすると、かなり広い範囲が塀や並木で囲まれた謎の一角がある。ここにあるのが東京都立園芸高校だ。園芸高校は都内に6校ある農業高校のひとつだが、「園芸」と名が付くのはここ1校のみ。園芸、造園、食品などに関する専門的な授業が行われている。

生徒数の定員はわずか500名足らずだが、学校の敷地はなんと約10万平米と、東京ドーム2個分の大きさ。校舎のまわりには花壇やビニールハウス、野菜畑、果樹園、日本庭園などが広がっている。これらは明治41(1908)年の開校以来少しずつ整備されていったもの。公園や植物園というよりは、どこか見知らぬ田園風景に紛れてしまったような不思議な気分になってくるのだ。
塀越しに見ると「秘密の花園」って感じのこの高校だが、きちんと届けを出せば、一般の人も見学することができる。日本有数といわれるバラ園などもあり、見どころは満載だ。

ちなみにこの高校ですごした一日の体験を、5月28日発売の「デザイン生活用品」でレポートしました。「いったい、どんな学校!?」と気になった方は、こちらもご覧いただければ。
(矢部智子/アンテナ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年6月6日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース