bit

紀伊山地は世界遺産登録でどう沸いていたか?

そもそも世界遺産とは、文化的な価値の高い建造物や、貴重な自然環境をみんなで保護・保全して護っていこうよね。という誓いのリストです。
日本からは、法隆寺や原爆ドーム、白神山地などが既に登録されていて、今回の「紀伊山地の霊場と参詣道」は、12番目ということになります。

以前より「紀伊山地ってスゴイ秘境で、きっと好きだと思うよー。」なんて話はよく聞かされていたので、ちょうどいい機会だ、と出かけてみることにしました。
当初は、どこへ行っても混雑していて、紀伊山地中が沸きあがっているような想像をしていたのですが、そもそも人口も少なく、交通も便利ではない区域です。渋滞や行列などに遭遇することはありませんでした。

本当に世界遺産を堪能するのならば、昔の人々に習い、ゆっくり歩いて参詣道をめぐるべきなのでしょうが、体力に自信もないし、時間もあまりないので、ざっくりと車で走り回った印象なのですが。
世界遺産登録! という幟はあちこちに立っていました。そして、ハイキングのためのガイドブックはそれこそたくさん出回っていて、無料で集められるものだけでも一抱えになるほどでした。
私の大好きなスタンプラリーはどうかなと調べてみましたが、わかるだけでも数種類、地区別にわかれてはいましたが、やっていましたよ。

世界遺産に登録されたのは、2004年の7月なのですが、その割には準備が早いなあという印象。で、調べてみたら、こういう世界遺産登録って随分前から準備を整えて、万全の体制で申請してるのだそうで。それでなるほど納得です。

紀伊半島の外周を走る国道42号線が唯一の幹線で(これももちろん参詣道のひとつ)、それ以外にも縦横に国道が走っていますが、細くて険しいぐねぐね道ばかりです。それでも昔の人が歩いた道と比較すれば雲泥の差でしょう。遥か昔に思いを馳せつつ、ありがたやありがたやと呟きつつ、こうした国道を走るのも一興かな。(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年8月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース