bit

○○温泉駅ラッシュの陸羽東線

今、日本中の温泉が、注目を浴びています。

温泉としては、あまり名誉な注目の浴び方ではないのが残念ですし、温泉ファンとしてもちょっとやきもきしております。早いうちに、過去の嘘は清算してしまって、正々堂々と気持ちよさを売って欲しいなーと思う次第です。

そこで温泉支援ネタを。

宮城県の小牛田という町と山形県の新庄市を結ぶJR陸羽東線は、まさに温泉乱立地帯を駆け抜けるローカル線です。
中心に鳴子という泉質豊富な有名どころを据え、温泉路線としての地位を築いていたのですが、1997年と1999年の二度にわけて、駅名を一挙に変更し、○○温泉という名前の駅がずらり並ぶ結果となりました。鳴子御殿湯という駅名も温泉駅と数えれば、実に6駅。行けども行けども温泉駅という状況ですな、こりゃ。

路線の愛称も「奥の細道湯けむりライン」。快速「湯けむり」なんてのも運転されています。
もちろん観光資源としてJRも活用していて、不定期ですがSLが走ったり、古い客車を使った「ゆけむりレトロ」なんて列車も運転されるようです。

うーん、なんだか調べたり、訪れたときの写真を見ていたら、また行きたくなっちゃった。
鳴子温泉郷では「下駄も鳴子」なんて可愛い駄洒落のキャンペーンもあって、下駄で湯めぐりをすると特典があったりするみたい。おみやげにはコケシなんかもオススメだし、のんびりできそうです。(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年8月31日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース