bit

市町村合併で誕生の「つぎはぎ地名」に目を向ける

市町村合併によって、次々と新しい町が生まれています。そこで失われるものについては先日、当欄でもご紹介しましたが、今度は新しい名前に目を向けてみます。

大きくて有名な町があり、そこに吸収されるのであれば、名前に関しては問題ありません。でも、二つ以上の町が対等に結ばれるとき、新しい名前が必要になります。

親しみやすくて、新しさがあって、でも古い名前の雰囲気を残していて……、と要望は限りありません。難しいです。

そこで「合成地名」が生まれます。お父さんとお母さんの名前から一文字ずつとって、子供に名前をつけるみたいに。
例えば東京の大田区は「大森」と「蒲田」の合成ですし、4月に長野県に誕生した「東御市」は「東部町」と「北御牧村」から一文字ずつとっています。国分寺と立川のあいだにできた「国立」なんてのもあったね。

安易だという批判を受けがちな合成地名なのですが、実は結構ふるーくから行われていますし、中には、わあ上手だなあ、と思わずつぶやいてしまうようなものもあります。

2004年10月に鳥取県に誕生した「湯梨浜(ゆりはま)町」は、三つの町村が合併して出来ました。それぞれの町のセールスポイントである、「温泉=湯」「二十世紀梨=梨」「日本海の砂浜=浜」を組み合わせて「湯梨浜」になったのだそう。

古い話ですが、合成地名というと、この地名を忘れるわけにはいきません。

現在は山梨県の韮崎市の一部になっている「清哲(せいてつ)町」。元の清哲村ですが、これも合併による、合成地名なのです。それまでの「折居」「青木」「樋口」「水上」から、一文字ずつつぎはぎをしました。えっと、水上からさんずいをとって、青木の青とくっつけて「清」。折居の折と、樋口の口をくっつけて「哲」。……部品レベルまで分解するとは恐れ入りました。

他にも長野県にあった「読書(よみかき)村」は、与川(よがわ)、三留野(みどの)、柿其(かきぞれ)の合成です。味わい深い漢字を当てたものですねー。

新しい名前で揉めて合併をやめちゃうケースが最近目に付きます。

合成地名じゃないけど、過去に福島県で、5市4町5村という大きな規模で合併して「いわき市」が誕生したとき、その名前は「以和貴」であり「和をもってとうとしとなす」だ、と言ったそうです。

仲良く合併して、いい名前を付けて欲しいものです。(谷和原のぞみ@お気楽ステーション)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年10月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース