bit

いまどきのペーパークラフトは大変なことになっている!

いまどきのペーパークラフトは大変なことになっている!
今にも動き出しそうなチワワのクラフト。クリスマスバージョンです。
先日、テレビチャンピオンでみた「ペーパークラフト」に刺激され、自分を何か作ってみようかとアレコレ探したところ、いまどきは動物園や玩具・雑貨店などでもかなりのクオリティのものが売られていることを知った。

さらに驚いたのは、無料で型紙をダウンロードできるサービスである。丸みのある立体作品で評判のキヤノンにきっかけなどを聞いた。

「1998年頃から、一般家庭にインクジェットプリンターが普及し始めた際に、活用方法を探った中の一つがペーパークラフトでした。家庭の中で個人や親子で楽しめるペーパークラフトをインターネットで伝えてみようと始めたんです。これまでもネット上には車や電車、飛行機等の数多くのペーパークラフトサイトが存在しましたが、後発でスタートするにあたり、他サイトとの違いを持たせるため、科学、文化、自然などをテーマに立ち上げました」

年間数百万ものペーパークラフトがダウンロードされ、子供から年配まで幅広い層に受けているほか、学園祭やボランティア、地域活動などに利用されているという。素材は、チワワなど、流行も追っているように見えるが、ポイントはあくまで「作品が形になった時、欲しいか欲しくないかのみを考える」とのこと。

ところで、ビックリするほどの立体感、やわらかみを作り出す秘訣は、コンピュータ設計に頼らないことだとか。

「三面図や三次元図からコンピュータで型紙を作るのではなく、作家さんの頭の中で三次元から型紙になった物をダウンロード用の型紙としてパソコン上で描いていくのです。このように、CAD(コンピュータ設計)を使わないので、ロボット的な作品にならない暖かみがあるのでは?」

切り取って組み立てるまで、どんな形になるか想像もつかないものも多くあるとか。ガンプラ好きには「CADを使うようになってダメになった」なんて語る人もいるが、つまり、そういうことか?(全然わからない次元の話なんだけど)。コンピュータに頼らず、人の頭で作るものってすごいなと、しみじみ。(田幸和歌子)
編集部おすすめ
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク