bit

冬の北陸、豪雪は風前のともしび?

12月に入り、北陸をはじめとする日本海側の方々は、雪の季節を迎え身の引き締まる思いではないでしょうか。

この地域は、世界有数の、しかも最南端にある豪雪地帯だとよく言われます。なんと世界一の雪質と言われるスキー場もこのエリアにあります。その原理も、低気圧によるものではなくて、シベリアからの氷点下20度にもなる冷たい季節風が「温かい」日本海の上を吹き渡り、その温かな水面から立ち上った湯気が雲となり、その雲が雪を生んで降らせるという風変わりなもの。

なぜこんなに雪が降るのか? ちょっとだけ雪のお勉強をしましょう。

雪は氷の結晶ですから、もちろん零度以下でないとできません。一旦雲の中でできて降り出しても、地上の気温が零度よりもあまりに高ければ落ちている最中に溶けて雨になってしまいますし、万が一雪のまま落ちても積もることはできません。

冬の北陸では豪雪と言われるほどによく積もるのですから、さぞかし気温は低いことだろうと思いますよね? でも実際には、平野部では雪の場合気温はたいてい0度ぎりぎりか、むしろプラス2〜3度のことが多いのです。

意外に気温が高いそのひとつの訳は、日本海の海水温の高さにあります。山陰から東北の日本海側にかけては、沖合を対馬暖流という、黒潮から分かれた温かい海流が流れていて、これがなかなか強烈。海水温が最も低くなるのは冬が終わる三月下旬ごろですが、それでも新潟の沖合の水温は10〜11度もあり、本格的に雪が降り始める1月上旬ではまだ13〜14度。お風呂場と同じように、冷たい空気に海水面(湯面)からゆらゆらと温かな湯気が立ち上っている状態で、日本海を数百キロも旅して北陸にたどり着く頃には季節風はこの湯気ですっかり温まってしまっている、というわけです。

実はこの北陸の雪が、いまピンチなのです。

地上に雪が降るかどうか、確率が五分五分なのが3度、雪の可能性がほとんどなくなるのが6度と一般には言われていますが、湿度が高くて雪が温まりやすい冬の北陸では、1〜2度で雪が降っているという今の状態がギリギリの条件だと思われます。

だから、「地球温暖化」の影響で気温が今より1度でも上がったら、雪はみぞれになってしまい、途端にほとんど積もらなくなってしまうことが想像できます。

現に、90年代以降10年以上続いている暖冬によって、1960−1980年代に比べ新潟の降雪量(積雪ではない!)は、年ごとの変動を考えても全体にざっと50センチは減っているように見えます。温暖化や暖冬のバロメータとして、北陸沿岸部の積雪量や降雪量に注目していれば、もしかすると地球規模の気候の変動をこの目で見ることができる、かもしれませんね。

スキー場関係者の方々にとってはみたくもない数字かもしれませんが。(koala)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年12月13日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。