bit

クリスマスのイルミネーションにも温暖化の影響

もうすぐクリスマスだ。もう街中ピカピカに飾り立てられて大変な騒ぎ、かと思いきや、盛り上がっているのは飾りつけばかりで、あまり世の中盛り上がっていない感じがするのは気のせいだろうか。

それはさておき、今年のクリスマスイルミネーションは青が流行っている。その理由は、青色発光ダイオードの普及にあるらしい。何年か前に、特許権が会社にあるか、開発者個人にあるかで話題になったアレである。もともと発光ダイオード(LED)は、消費電力が少ないのに電球より明るく、おまけに熱を出さないという極めて優れた光りモノ。今、あなたが見てるパソコンの電源ランプなんかも発光ダイオードでしょ。繁華街のクリスマスイルミネーションなんかだと、大量に光源が必要、つまり電力が必要だし、しかも巻きつける相手が樹木という生き物だから、省電力で熱くならない発光ダイオードは、最適なわけだ。

しかし、それだけじゃ青が流行る理由にはなってない。もうひとつの理由は、都市気候や温暖化によって、冬が暖かくなってきたためだ。あちこち尋ねてみると、どうやら青いイルミネーションは雪をイメージしているらしい。普通に考えると、寒い冬には暖かい暖色系の明かりの方がほっとする。しかし最近の冬は暖かい。雪なんて全然降らないし、下手すりゃコートを着ずに済むことだってある。てなわけで、イメージだけでも寒々とした青白い寒色系のイルミネーションが流行っているのだそうな。こりゃまるで南半球のクリスマスですな。

しかも今年は極端に暖かい。クリスマス気分が盛り上がらないのは、そのせいもあるだろう。果たして青いイルミネーションが、効を奏するかどうか。とりあえず、我が懐はクリスマスに向かって冷え冷えとしてきたが……。(脳天気)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年12月21日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース