bit

サルからトリへ、3分間トリップ

干支って、年末年始に急にクローズアップされ、急激にまた人々の記憶からするりと消えてしまったりします。
毎年年賀状を書くシーズンになって、ああ、そうか今年は○○年だったのか。じゃあ、来年は……ねーうしとらうー……。てな具合に。

2004年はサル年でした。ということは、2005年はトリ年です。
サルからトリへのバトンタッチは実際は一瞬ではありますが、広い日本、サルがつく駅と、トリがつく駅が隣り合っているところがありました。

山梨県の中央本線。富士山を間近に望む大月市内に「猿橋駅」と「鳥沢駅」が並んでいます。普通電車でも三分ほど。あっという間。

猿橋には、その名も猿橋という橋がかかっています。日本三大奇橋のひとつなのだそうで、確かに変わった構造です。なんでも谷が深すぎて橋脚が立てられないため、サルが手をつないで谷を渡っていく姿をヒントに、はね木で支えるように作ったのだそうです。
また、最近、駅の南側の台地に大きな住宅地をつくり、駅と結ぶため、ケーブルカーのようなシャトルが作られました。変わった乗り物好きには、たまらない物件でしょう。

鳥沢には、特に珍しいモノは見当たりません。が、まあ、それがアタリマエ。ごく普通の住宅街です。

せっかくなので、駅員さんにお願いして、猿橋から鳥沢までの切符を作っていただきました。180えん。ちょっとしたお土産に、どうかな?(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2004年12月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース