bit

ベビーブームの予感? 雪の都市伝説

北米東部はすっぽり大寒波に覆われ、1月22日土曜日ニューヨークは予想通り大雪にみまわれた。雪はたった一晩で60センチも降り積もり、道路には雪に埋もれた車が無惨な姿で放置されている。週末のことであったため、さして大きな混乱はみられなかったが、道路が一部通行止めになったほか、航空便の欠航が相次ぎ、数千軒が停電に見舞われた。

雪かきと外出もままならない毎日が続き、うんざりする住人をよそに、「こんな時は、皆家ですごしがちになり、9ヶ月後にはベビーブームが来る。」と、息巻いているのは公衆衛生局の方々。

そんなの余計なお世話、と思うのだが、案外一般的にそう思われているらしい。

その説が広まったのは、1995年のニューヨーク大停電の9ヶ月後、マーチン・トルチン記者が書いた「時ならぬベビーブームが起こっている」という記事がニューヨーク・タイムズに掲載されてから。なにを根拠に書かれたのか、停電だけに、真相は闇の中だが、その後、公衆衛生学者や産婦人科医らの論文も発表されて、なんとなく納得させられた感じ。今や都市伝説化している。

真偽を確かめるべく、コロンビア大学都市社会心理学の教授に伺ったところ、「イギリスで流行ったジョークを元に、新聞記者がおもしろおかしく書いたのではないか。」とのこと。

でも人の心をぐわしと掴んだこの説は、停電があったり、大雪が降ったり、スーパーボールで地元フットボールチームが優勝したり、と、なにか起こると必ず出てくる。ニューヨークテロの後もちょっと論調を変えて出て来た。事実、すこーしだが出生率が上がってたりするので、信憑性が増す。

でもまあ、仲良きことは美しき哉。「デヘヘ、寒かったからつい盛り上がっちゃって。」と言い訳するのもよし。9ヶ月後のベビーブームを楽しみにしてるぜ。(チン・ペーペー)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年2月2日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース