bit

進化するアキハバラで変わらないモノ

突然ですが現代アキバ系な人達や無線、オーディオに填まっていたお父さん達に問題です。地図等を見ないでラジオデパート、ラジオ会館、ラジオセンター、秋葉原電波会館、ニュー秋葉原センター、ラジオガァデン、ラジオストアの位置を全て答えられますか?

世界最大の電気街として有名な東京の秋葉原、この街は元々戦後の闇市から始まり無線機器ショップや電子パーツの店が軒を連ねていた時代、家電を中心とした電気屋さんが大きなビルを建てた時代、パソコンショップが進出しOSの深夜発売に行列ができた時代等を経て現在は美少女アニメやフィギュア、コスプレと言ったマニアショップ全盛となっています。その時代その時代訪れる人達のニーズによって変化し続ける街であり「オタク」と言う言葉が生まれる以前からマニアの欲求を満たす街でした。

そんな激しい変化の中にあって写真の様なパーツを扱う専門店は今も昔と変わらず健在で、平日の昼間にも関わらずスーツを着たサラリーマンやお父さんに連れられてやってきた子供達が普段はあまり見ることのないパソコンやラジオの細かい部品等に目を輝かせていています。お父さん達は電子ブロックに夢中になった世代でしょうか、細かなパーツを手に取り子供に何やら説明している姿は誇らしげでもあります。子供達の興味はロボットの作成キット等に集中してましたが大人はパソコンのパーツや懐かしいラジオ工作キット辺りにも手が伸びている人も。地震などの災害が多いせいか小型ラジオは完成品もキットも意外に売れているようです。二足歩行や自立型ロボットキットと一緒に2石のイヤホンラジオ等工作や半田付けの入門に適した物が簡単な説明書付きで売っていたりするのも秋葉ならではですね。昼間のパーツショップは大人も楽しめる玩具売り場と言う感じでした。


この春秋葉原クロスフィールドの一部がオープンし、8月にはつくばエクスプレスが開通、秋にはヨドバシカメラ開店予定とこの街はまだまだ変化していくようです。新たなビル群にこれから通う学生や社会人の人達もちょっと寄り道してみては如何でしょうか?最近は秋葉原電気街振興会さんが駅で電気街ガイドマップと言う冊子を無料で配布していますので冒頭の問題が判らなかったアキバ通な方ももう一度じっくり探検してみる事をお勧めします。きっと新しい発見があると思います。(耕平/Kain@はてな)

東京都千代田区外神田1丁目付近地図
東京ラジオデパート
秋葉原ラジオセンター
秋葉原ラジオストアー
秋葉原ラジオ会館

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年5月14日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース