bit

競馬ファンに喜ばれる「縁起物切符」

私は過去に一度だけ、競馬場に行ったことがあります。友人に誘われるままに、すすめられるままに馬券を買って、いざ観戦。興味が無いとはいえ、実際に走る馬たちを見るのはなかなかの迫力で、ちっとも退屈しませんでした。しかも、すすめられて買った馬券が見事的中。ふっふっふ。ですので、私の競馬の生涯成績はプラスなのです。

もともと私にはそうした賭け事の才能が無いと自覚していますので、それ以降競馬や競輪、競艇から、totoにいたるまで、まったく手をつけていないのですが、レースや、そのバックグラウンドを楽しめて、ほどほどにお金を使うのならば、レジャーとして面白いだろうなあとは思うのです。

私を誘ってくれた友人たちに、私が出来る恩返しとしては、こんな縁起物のお守りがあるよ、とオススメするくらいでしょうか。

三重県桑名市にある西桑名駅を起点として、阿下喜駅までの約20キロを結ぶ、三岐鉄道北勢線。ここは通年営業のローカル線としては、もう日本に二箇所しかない、線路の幅のせま〜い軽便線なのです。だから車両もコンパクトで、車内も狭く、窮屈ではないけれど、お客さん同士もちょっと密着した感じ。
この鉄道には、全部で14の駅があるのですが、その中に、「大泉」「穴太」「馬道」という駅があります。穴が太いと書いて「あのお」と読む駅以外は、別に珍しくも無い駅名なのですが、その頭文字を並べてみましょう。

えーと「大」「穴」「馬」……。
そこに切符をあらわす「券」までくっつけて、はい、「大穴馬券」のできあがり〜
馬型に切り抜かれた形のものと、馬券サイズ(!)のものと二種類。一枚400円です。発売当初、大変な勢いで売れて、あっという間に売り切れになってしまったのですが、めでたく追加発売中。ちなみに、上げ馬神事で有名な猪名部神社で祈祷済みだそうで。念入りだなあ。

これ以外にも、千葉県の千葉都市モノレールでは、「穴川から栄町ゆき」の切符を必勝乗車券として限定発売中です。愛国から幸福ゆきほどのインパクトは無いけれど、ゲンを担ぐギャンブラーのみなさまの、お役に立てる! ……かもしれないではないですか。(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年5月25日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース