bit

骨董駅へ行こう!

現在、日本には、約9600もの駅があります。北海道から沖縄まで津々浦々。一時期と比較すると、ローカル線は随分と減ってしまったけれど、それでも近代的な駅から鄙びた駅まで、それはもうすべて違う顔を見せてくれています。
そんな駅に魅せられて、私は各駅を訪問し続けて、ようやく4400駅を達成。それでも、まだ半分も見ていません。
既にトラベルライターの方が全駅訪問を達成していますし、そうした表には出てこなくても既に全駅を見尽くした人、というのはきっといることでしょう。別に、競っているわけではありません。だから私は私のペースでやればよいのですが、どうしても焦る気持ちが出てきます。

駅は変わっていくからです。

私が好きなのは、大都会のぴかぴか近代的な駅より、田舎の寂しいローカル駅。しかし、そういう駅は、どんどん無くなっていく運命にあるのです。路線が廃止されてしまうのが最も寂しいですが、そうでなくても改築されたり、合理化されて簡素な形に生まれ変わったりと、「味わい」は薄まっていくのです。

でも。まだ、あるんです。木造で、古くて、壊れているところがあったりして、だけど、暖かくて、どっしりしていて、居心地のよい駅が。
例えば、北陸の富山地方鉄道には、たくさんそうした駅が残っています。私は、訪れたとき、思わず「これはもう、骨董品だなあ」と呟いてしまいました。文化財に指定されているわけでも、保存されているわけでもなく、ただ普通に、ありのままに生きている駅です。

夏休みに遊びに行った親戚の家が、こんな感じだったなあ、なんて思い出しながら、私はカメラのシャッターを切っていました。親戚の家はもう建て替えられて新しくなってしまったけれど、骨董駅は、まだ、ここにあります。
全国にはまだ探せば、こうした気持ちのよい駅が結構あるのです。願わくば、末永くこのままで。(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年7月26日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース