bit

次は「ワシが発生、日本列島に接近中」!?

台風7号、今年初の上陸台風となり、各地に大きな影響を与えた。思えば去年は台風の当たり年といわれ、1951年の気象庁の観測史上、最多の台風が上陸したことが記憶に新しいが、今年はどうなのだろう。次の台風が発生する日も近いのか?

さて、次に発生するとしたら、それは「ワシ」である。『「ワシ」が発生、日本列島に接近中。上陸の恐れアリ』かもしれないのだ。うそのような事実。実はこれ、台風の正式名称である。

台風には過去に大きな被害をもたらした「伊勢湾台風」や「枕崎台風」という名前だけではなく、発生する全ての台風に名前がついている。今回の台風7号は「バンヤン」、次に発生するとしたら、「ワシ」なのだ。その名付けのナゾに迫ってみよう。

台風には女の人の名前がついている、という話は有名だが、それはもともと北大西洋に発生するハリケーンの名前。そもそも、米国空軍や海軍の気象学者が、彼らの奥さんや彼女の名前を愛称として使ったことから、女性の名前のみが使われることになったらしい。キティ(KITTY)とかジェーン(JANE)とか。でも、男女同権に反するという議論から、1979年以降は男女の名前が交互に使われているらしい。この文化が、1999年までは太平洋の台風についても使われていた。

しかし、現在の名前の付け方は違う。2000年以降、アジア名を使うようになった。アジア・太平洋14カ国・地域の単語リストから、発生した順番に名前をつけている。単語は、人名ではなく動植物や自然現象に関するものなど、いろいろ全140種類。日本語ももちろんあり、星座の名前が使われている。たとえば、ヤギ、テンビンなどは分かりやすいが、カジキ、コップ、トカゲなどあまり馴染みのない星座の名前もあり、星座と思わずに聞いているとヘンな感じがしてしまう。今回の7号の「バンヤン」は香港発、木の名前。次に発生した台風には日本の「ワシ」が決定していると言うわけ。

台風のアジア名は全世界に通用する正式名称。すでに多くの国で使われているのだが、日本では相変わらず○○号という番号形式が一般的。アジア名はニュースなどで文字として表示されるくらいでしかお見かけしない。せっかくだから、次の台風が接近してきた時は、「ワシが接近中!」とかニュースで言ってほしいと思うのは、私だけ?そしたら、思わず台風情報に耳を傾けたくなるけどな。(さくら)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年7月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース