bit

「台風」と「タイフーン」は違う?

「台風」と「タイフーン」は違う?
夏も終わりに近づいて、台風が天気図をにぎわす季節ですね。台風情報を目にしてハラハラドキドキ……、そんなことも多そうです。
そんな台風ですが、英語ではどのように言うか知っていますか?
そうです! 多くの人がご存知のとおり、「タイフーン(typhoon)」です。英和辞書にもそう載っています。

けれども、実は「台風」と「タイフーン」ってちょっと違うものなんです!
「台風」は中心付近の最大風速が毎秒17.2m(34ノット)以上の熱帯低気圧のことなんですが、それに対して「タイフーン」は毎秒32.7m(64ノット)以上のものを呼ぶとされているんですよ。

つまり「台風」の中でも特に強いものが「タイフーン」と呼ばれているんですね。ちょっと不思議な感じもしますが……。

さて昨年(2004年)は平年を大きく上回る数の台風が日本に上陸し、大きな被害を出しました。昨年発生した29個の台風のうち、タイフーンとなったのは19個。過去のデータから見ても1年間に発生する台風のうち、約3分の2がタイフーンとなるようで、台風の当たり年だった昨年も、これに関しては平年並みでした。

それでもやっぱり、やってくるのが「台風」でも「タイフーン」でも、気になるのは変わらない……。というわけで、確かな「情報」と確かな「備え」。大切にしなければいけませんね!(おむらいす)

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2005年8月23日のコネタ記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース