ショップ99を超えた!?「ショップ77」
黒地に白文字のポップがオシャレな雑貨店風。細切れにした石鹸は1個77円。使いきりサイズ?
生鮮食品や生活雑貨がいつでも全部99円。100円ショップよりも安くて便利と評判の99円ショップ、「ショップ99」。

私もよく利用しているのですが、先日なんと「ショップ77」というお店を発見しちゃいました。
場所は豊島園のほど近く。手作り感覚溢れる内装といい、3人以上は入れないであろう狭い店内。どうも個人で経営しているリサイクルショップらしい。しかも無人販売で24時間営業なのである。

“77”というからには、商品すべて77円なのか? 確かにゴルフボールは1個77円。

男性用トランクス、Tシャツも77円。洋服や電化製品まであり、品揃えは豊富。
リサイクル品とはいえ、これらがすべて77円だったらかなりお得だが……。あれっ、よく見ると冬物のコートは3770円。
どうやらすべての商品が77円というわけではなく、金額に77が必ず付いているから「ショップ77」らしい。
ちなみに、一番高額な商品は、見たところ「くまのプ−さん」の温冷蔵庫で9770円であった。


無人販売なので商品をどうやって購入するのか。それは、田舎でよく見かける“野菜の無人販売”と同じで、料金箱にお金を投入するのである。しかし、この店では品物とお金を防犯カメラに見せてから入れなければならないという決まりがあった。そう、料金箱の上に防犯カメラが設置されているのだ。さすが大都会東京、「ハイテク無人販売」である。

さらに、注意書きにはこう記してあった。

「万引き、ごまかし、不足(お金をカメラに見せず投入)等、不正行為が発覚した場合は、表示金額の10倍の金額で商品をレンタルしたものとし、日数によりレンタル料を加算されるものとします。間違えた、わからなかったは通用しません。間違えても泥棒です。後々必ず請求いたします」
防犯カメラに映った顔で犯人を割り出すのか?
これを読めば怖くて不正行為まどできないでしょう。不正など働く気はなくても、料金箱にお金を入れるのはかなり緊張しそう。

せっかくなのでラムネ(1本77円。
ちゃんと冷蔵庫に入っている)でも購入しようかと思ったのだが、あいにく財布に小銭がなかったために断念。当然ここではおつりなどないのである。今度来る時は1円、10円をいっぱい持ってこようっと。
(いなっち)