bit

雅楽と百人一首はプロにお任せ

最近雅楽が気になっている。
お正月になればあちらこちらから聞こえてくるが、中途半端な時期にはあまり聞く事ができない。
時々無性に聞きたくなるのだが、生演奏を聞きに行くのは敷居が高いしCDでは色気がない。
他に何か無いかと探していると、面白いものを発見した。

それは静岡のメーカー、株式会社マウビック開発の「雅楽自動演奏機”みやび”」。
これ、名前の通り雅楽を自動演奏してくれる「専用機」なのだ。

この機械には雅楽が全10曲おさめられており、オプションのバッテリーを使えば外での利用も可能。
さらに曲の終わりには実際の演奏と同じ「吹き止め句」を流して自然に終了させるなど、なかなか本格的だ。

どんな方が購入しているのか伺ったところ、神社関係者や結婚式場関係者が9割以上。
メーカーのある静岡では普及が進んでおり、地元の祭礼や地鎮祭・進水式といった祭事で使用されているらしい。
最近ではお寺からの注文もあるというが、なんともニッチな商品だ。なのでお値段も5万5000円と少々お高い設定。
しかし一般の人の購入というのも少なからずあるようで、雅楽ファンは侮れない。

なお同社では「百人一首読み上げ専用機”ありあけ”」も発売しており、そちらがより一般向けであるとオススメされた。
こちらもまた「専用機」。とにかく専用機を作り続ける果敢な会社である。
日本のお正月の伝統として嗜んでおきたい百人一首だが、読み上げが面倒くさかったり人数が集まらなかったりで、結局トランプなどになることも多い。
確かに、専門で読んでくれる機械があれば気軽にチャレンジできそうだ。
しかも読み上げてくれるのは「かるた協定選任読手」という何ともすごい肩書きの方。
ランダムで読み上げてくれるので、遊びで百人一首を……いうよりは、本気でプレイしたい人にピッタリだ。
ちなみに、こちらの価格は2万8800円と「雅」よりは低価格。

お正月はまもなく。こんな和心感じる専用機と一緒に年を越してみるのはいかがだろうか。
(のなかなおみ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年11月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース