bit

大阪の下町に小さなローマを発見

トリノオリンピックも始まり、世間は俄然イタリアブームだ。
ところで大阪にイタリア、それもローマを感じる場所がある町がある。

場所は大阪の繁華街「京橋」。その京橋の駅からも近い商店街の入り口に、ローマは突然現れる。
それは巨大な「真実の口」のレリーフ。かなり目立つのだが誰も驚かない。すっかり風景に溶け込んでいて、待ち合わせスポットとして活用されているのだ。
さらに近くには古代ローマ調のガーデンを持つマンションまであったりする。

どういう事かと商店街の方に聞いてみたところ、「ローマの下町」がこの周辺のテーマであり、真実の口はそのシンボルなのだとか。
当初は近くの空きスペースにトリニタ・ディ・モンティ教会風の大階段やトレビの泉などを設置し、周辺をローマ風に整備する予定だった。しかし大阪市が先に手を入れてしまったためローマ計画は頓挫。
今はせめて商店街内の各店舗に、雰囲気をローマ風にして欲しいと働きかけているらしい。

ちなみにローマ=真実の口というイメージがあるのだが、実際ローマのツアーではどれくらい真実の口が好まれているのだろう。
旅行代理店に聞いてみると、「ローマ慣れしている人や若い人は真実の口を避ける傾向にありますね」と予想外の答え。
短期間にローマの名所を片っ端から巡る、力押しタイプのツアーでも「真実の口は有名だから」と飛ばしてしまう場合があるのだとか。

しかし、少し年配の世代が行くツアーでは、真実の口は人気スポットの一つ。
その理由といえば「ローマの休日に憧れているから」や「ローマらしいから」などなど。
良くも悪くも真実の口はローマの象徴ともいえる存在なのだった。

そんな真実の口だが、本物は意外に小さい。
しかし京橋版真実の口はとにかく巨大だ。しかも目線より高い位置に口があるため、口の中に手を入れるのは難しい。
……と思っていたのだが、よじ登って無理矢理手を入れて行く酔っぱらいは案外多いらしい。

今のところ手が抜けなくなったり手が食いちぎられたりした人はいないようだが、高さもあり危ないのでこちらの真実の口は見るだけにしておこう。

トリノというわけにはいかないが、ちょっとしたローマ旅行を、大阪の下町で味わってみるのはいかがだろうか。
(のなかなおみ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年2月16日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら