bit

雪が積もれば積もるほどお得な宿

「積雪量1mmにつき、宿泊料金を1円割引きます」大雪で有名になった新潟県津南町にある、スキー場マウンテンパーク津南がこんな珍しいサービスを始めている。チェックイン日の朝8時に日本気象協会が発表する津南町の積雪量(mm)の分だけ、ロッジの宿泊料金が安くなるというもの。例えば2月19日の積雪量は3m44cm=3,440mmだったから、1泊2食付大人8,000円が3,440円割引かれて4,560円に。いや、これは安いよ。

「連日のマスコミによる津南町の豪雪報道で、風評被害が町全体に出てしまいました。それを払拭するため、逆境を逆手にとって始めたものです。発案者は代表取締役です」
広報担当の大島さんは言う。スキー場に雪崩は起きていないし、営業も通常どおりなのに、イメージが先行し客足が遠のいてしまったらしい。1月15日に始めたこのサービス、割引料金の負担は小さくないそうだが、マイナスイメージ払拭のためがんばっているという。お金のないスキーヤーには涙が出るほど嬉しい。日曜〜木曜の宿泊が対象で、積雪量が250cmを下回ったら終了。3月中旬頃まで割引が受けられそうだが、雪が深いほどお得だから、早めに行くのがいいかも。

同スキー場には他にも面白い企画がたくさん。そのひとつが「JAYのゲスト感謝Day」。月曜日は「理容師・美容師の日」、火曜日は「医療・福祉の日」……という風で、曜日ごと条件に合う人はリフト券が40%割引になる。証明書とHPからゲットできるクーポン券が必要だが、金曜日は「寂しがりやの日」、日曜日は「ニューハーフ・ゲイ・水商売の日」。証明書って何を持って行けばいいの?

「リフト券購入の際に、スタッフに『私寂しいです』と言って下さい」
えっ、それでいいの? ちょっと勇気がいるかも……。
「ニューハーフ・ゲイの日は名刺と免許証をお持ち頂いていますが、大体雰囲気で分かります」
HGの格好ならそれでOKかな? 月に10件程度利用があり、オーラのプンプン出ているお客様もいらっしゃるとか。このほか珍しいところで、ペットの預かりサービスがある。4月2日まではキャンペーン期間で、日帰りなら無料だ。

新潟では、雪を「かく」と言うより「掘る」と言うのが一般的。TVに放映された雪に閉ざされた住宅のお年寄りは皆、食料や燃料をたくさん備蓄していて、雪国の知恵を垣間見たように思う。マウンテンパーク津南の様々な試みは、新たな「雪国の知恵」と言えるのかも。3月4、5日には町全体に繰り広げられる「第30回つなん雪まつり」が予定されているので、こちらの方も乞うご期待。
(R&S)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年2月21日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース