bit

いつでもどこでも勝手にスタンプラリー

       
春休みや夏休みの期間中、都心の地下鉄あたりに、スタンプ帳を携えた子供たち(と、大人たち)があふれかえります。各鉄道会社が主催するスタンプラリーに参加してるんですね。駅に設置してあるスタンプを一定数集めると賞品がもらえたりします。
高齢者どころか、最近は若い方も多いと聞く札所めぐりなどとあわせて、しみじみこういう「集めて歩く」行為って、好きな層が厚いんですね。私も自称プロスタンプラリーストですので(嘘です)、スタンプラリーは大好きです。

さて、私がこうしたスタンプラリーに夢中になる理由は、実は賞品にはありません。獲得した賞品はお友達にあげちゃったりするくらい。
ひとつは、スタンプの印影の美しさ。そしてもうひとつは、手ごろな達成感です。
ラリーというくらいですから、それなりに困難が伴います。ルートを考え、予算も考え、いかに効率よく集めて歩くかを真剣に検討します。あ、もちろん体力も関係してきますし、なかなか思ったようにはいかず、臨機応変に計画変更が必要になったりして。こうしたハードルを少しずつクリアし、すべて集めきったとき、言いようの無い、爽快な満足が得られるのです。ホントよ。

だんだんこうした病が進行していきますと、スタンプラリー期間外にもやりたいっ、と思うようになるわけで。ふふふ。大丈夫。実は「勝手にスタンプラリー」でしたら、いつでもできるのです。
たとえば、東京都営地下鉄には、全駅に大ぶりで美麗なスタンプが設置されていますし、大阪市営地下鉄にも駅長室などにスタンプが設置されています。札幌市や神戸市の地下鉄にもあるし、小田急電鉄とか京成電鉄とか近鉄の多くの駅にもスタンプが実はあります。JRだって負けてません。JR東日本、東京支社管内の77駅全駅に、江戸をモチーフとした美しいスタンプがありますし、スタンプ台がおいてなくても、駅員さんに一声かけると、すぐに出してもらえたりする駅は、実は多いのです。

押す紙は何でもよいのです。文房具屋さんで無地のノートを一冊買ってくれば、もうマイスタンプノートの出来上がり。ちなみに私は、はがき大の紙をストックして持ち歩き、それに押しています。お友達と交換もできますし、はがきアルバムに並べたら、整理も簡単ですし。
賞品はもらえないけれど、基本的にスタンプは無料ですしね。気楽に集めて楽しみましょう。同好の方たちもたくさんいて、Web上で情報交換したりして盛り上がっておりますよ。
しみじみ奥深い日本のスタンプ文化。きっとあなたにもスタンプ好きのDNAが埋め込まれているに違いない……。
(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2006年5月1日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。