bit

この夏、原宿・竹下通りの合言葉は「牛乳に相談だ!」

この夏、原宿・竹下通りの合言葉は「牛乳に相談だ!」
先日原宿に行ったとき、竹下通りの入り口にデッカイ横幕を発見。そこに書かれていたのは、
「イライラした人にからまれたら、牛乳を飲ませてみよう」
と、なんとも唐突なメッセージ。さらにその横には「牛乳に相談だ。」と書かれている。

吸い込まれるように、そのまま竹下通りを歩いてみると、そこかしこに「牛乳は相談だ。」と書かれた横幕やフラッグが飾ってある。しかも、そのメッセージがいちいち面白い。

例えば、「肌荒れとイライラのダブルネーム」、「カリスマベンピスト」。まあこの程度なら、確かに牛乳に相談すれば効果がありそう。だが、なかには「ヒトゴミに埋もれて、なかなかスカウトされない」、「クレープを落とした自分にキレた」といった、相談された牛乳も戸惑ってしまいそうなメッセージも。そうかと思えば、「万引きするな。特に牛乳は」と、その強い口調に思わず「ハイ!」と答えてしまいそうになるほど妙に説得力があるものまで幅広い。

実は「牛乳に相談だ。」とは、もともと牛乳の消費拡大を目的として、2005年7月末に中央酪農会議がスタートさせたキャンペーン。今回、竹下通り商店会と共同で行っているキャンペーンもその一貫だ。近年、とくに若者のあいだで牛乳の消費が減っていることから、若者の集う竹下通りでの実施が決まったのだとか。

竹下通りでのキャンペーンは7月16日(日)〜8月31日(木)までの期間限定。飾ってあるメッセージは横幕3枚、フラッグ11枚。両面に違うメッセージが書かれているので、計28種類。しかも、メッセージはどれも竹下通りのオリジナルバージョンなんだそう。それを聞くと、クレープやスカウトネタも納得だ。

そんなわけで、久々にゆっくり歩いた竹下通り。出口で待っていた最後のメッセージは、
「暴力じゃなくて、牛乳で解決しよう」
いやー、締めにふさわしい良いお言葉!

ちなみに竹下通り商店会では、今後このキャンペーンに絡めたイベントも企画していきたいとのこと。ユニークなメッセージがズラリと並ぶ竹下通り、歩き終わればなんだか無性に牛乳が飲みたくなっているかもしれません。
(古屋江美子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年7月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース