bit

アナタも「セレブキティ族」になってみない?

これまでにも、いろんな企業やブランドなどと、数多くのコラボをしたりしてきたキティちゃん。

昨年はモノコムサと組んで、「セレブキティ」というテーマで、パリス・ヒルトンをイメージしたアイテムを出していたが、今年も“セレブ化”しているらしい。その企みは、伊勢丹新宿店サンリオショップ限定の「セレブキティフェア」。

新宿伊勢丹とハローキティは、これまでにもアナスイとのコラボをしたりしているが、今回のテーマは「セレブ」。お金持ちブランドが揃い、お金持ち客が多い伊勢丹ならではの「セレブ」だが、今回は、「オホホ」なセレブ感とは異なる、独特の空気を放っている。
というのも、コラボのお相手は、「アキバ系」「萌え」などのユニークな和テイストのTシャツでおなじみの「豊天商店」だから。

あのちょっと地厚で気持ちの良い独特の生地に、やはりお約束の和テイストで「セレブキティ族」なる大胆な文字がプリントされている。
着ながら、思わずにやりとしてしまいそう。
この「セレブキティ族」Tシャツが伊勢丹新宿店限定で、他に、店舗限定商品として「新宿歌舞伎町」とか、数種類のデザインがあり、それぞれ黒・白の2色展開。

新宿伊勢丹というよりは、下北沢や吉祥寺カラーの気もする、思わず「クスッ」とする人を食った言葉選びとデザインは、伊勢丹の一角で異彩を放っているが……。
これ、どんな人が買うんでしょうか。
「20代後半ぐらいから30代の女性が多いですね。他に、外国人の方が『お土産に』と買われることも多いですよ」
とショップの店員さん。

さすが「ファッションの伊勢丹」! 「セレブキティ族」を含み笑いで買うのではなく、オシャレなおねえさまが「可愛い〜」と言ったり、外国人が「オー! ワンダフォー!」とか言って買うのだろうかと、思わず想像してしまう。

「『男性用もあれば、ペアで欲しいのに』という声もけっこうあるんですよ」とのこと。
で、やっぱりニヤニヤしながら買ってしまった「セレブキティ族」のTシャツ。
家で着てみたら、やはり大胆不敵で、気恥ずかしさはある。

近所の八百屋に行くとか、娘の送り迎えぐらいだったらOKだろうか。でも、自分の知らないところで、保育園で「セレブさん」とかいうあだながついたら、ちょっとイヤだな……。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年7月31日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース