bit

「絶壁犬」救出の瞬間、各局で映っていたものは……

11月22日、徳島市で50メートルの急斜面から、犬が救出されたニュースが話題となった。

崩落防止用擁壁のコンクリート枠に雑種の野良犬が迷い込み、6日間以上も立ち往生していたというもので、結局、成功にこぎつけたのはこの日の正午ちょっと前。

この、ちょうど正午前というタイミングのせいもあってか、各局の報道にはかなりの温度差があったので、それをご紹介したい。
まずは、TBS・福澤朗の『ピンポン!』。番組開始の11時から、犬が急斜面に迷い込んだニュースを報じ、生中継もつないで、犬の様子をずっと映していた。
犬は最初、小刻みに震えており、番組出演者たちも口々に「震えていますねえ」「衰弱してるのでしょうね」「早く救出されるといいですが」と真剣に見入っている。

その後も、「11月22日はいい夫婦の日」とか、関係ない話題にうつっているにもかかわらず、常時、画面の左上の小画面には、犬の姿が映し出されている。
まるで斜面の上から出演者たちを眺め、「いい夫婦」の話題に耳を貸しているようにも見える構図で、緊迫した状況でありながら、当の犬はアクビをしたり、毛づくろいをしていた。
カワイイなあ……と思いつつ、でも、そんな状況じゃないな。

ちなみに、その間、他局はそれぞれドラマ再放送含め、通常の番組を放送し、犬の救出劇は一切映していなかった。

ところが、である。
正午ちょっと前、ふいに犬に動きが見られた。「あ! 動いた!」と思うやいなや、TBSはそのままCMへ。
「あ〜、いいとこなのに!」とチャンネルをかえた瞬間、ついに犬が救出された。「救出の瞬間」のみをちゃっかりニュースでとらえたのは、11時からずっと生中継していたTBSではなく、フジテレビだったのである。
なんというオイシイとこどり!

この瞬間、やはりその他の局はまだ動きがなく、再びTBSにチャンネルをかえたときには、CM明けの「救出後」の映像が流れていた。
「あれ? これは……救出に成功したんですか?」と言葉を詰まらせながら聞く福澤アナに、「ええ、ちょうど3分前に!」と中継の記者。
「よかったね〜」「現場は拍手でいっぱいでした」「救出の瞬間とか、見られるのかしら?(VTRを見て)なるほどねえ〜」と、決定的瞬間をおさえられなかったにもかかわらず、本当にホッとした様子の出演者たち。

さらに、「この犬はどうなるのかしら?」と心配する福澤アナに「なにしろ野犬ですからねえ、でも、ひきとりたいという人が出てくれば……」というコメントもあった。
もうすでにひきとりたいという人が出てるらしいですよ! さっき、フジテレビで言ってたから! と教えてあげたい気分でいっぱいだ。

ところで、この救出劇の後、ちょうど12時の大和田獏の番組になったテレビ朝日は、「救出の瞬間」のVTRを何度も流し、NHKは気象に関するニュース、テレ東はのん気に時代劇の再放送を流していた。

そして、「感動の瞬間」のみ、いち早く、オイシイとこどりで持っていったフジテレビはというと、12時から何事もなかったように、『笑っていいとも!』を放送したのであった。
その後も、TBSは、麻酔でぐうぐうに眠る犬の様子を映していたのに……。

肝心なところだけ映せなかったTBS。でも、その愛は、十分に伝わりました。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年11月24日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース