bit

カーボン、セラム、いろんなヒーター、どう違う?

一昨年、「ハロゲンヒーターが大人気」と聞き、購入したのだが、どういうわけか壊れてしまった。

で、今年、家電売場を見てみると、さらに「カーボンヒーター」「セラムヒート」など、よく知らない「新顔ヒーター」が続々、登場している。
従来の石油ヒーター、ガスヒーターに、オイルヒーターなども含め、あまりにいろいろあるので、一体どれがどう良いものやら。
家電量販店に聞いてみると……。
「昨年、流行したハロゲンヒーターより、遠赤外線の量をだいぶ多くしたのが、『カーボンヒーター』。また、『セラムヒート』は、ほのかに光るから目に優しく、暖かさも格段に違うんですよ」と暖房コーナーの担当者は言う。とはいえ、気になったのは、次の言葉。
「ただし、これらはみんなあくまで『補助暖房』ですからねえ。これでメインにはなりませんよ」
なんですってえ!?

じゃ、どれがどう良いのですか。
「やっぱりいちばん売れているのは、手軽ですぐ温まるガスヒーターですね。他の暖房に比べ、燃料費が3分の1程度とだいぶ安いうえ、ニオイもない。取り付けもカンタンですし」

「子どもやお年寄りがいる家庭には、オイルヒーターが良い」とすすめられたこともあるけど、どうなんでしょう……。
「オイルヒーターのいちばんのメリットは、空気が汚れないこと。安全なこと。ただし、温まるまで時間がかかることと、電気代がけっこうかかるということはありますよ」
また、石油ヒーターはニオイがけっこうキツイこと、エアコンは使い始めのニオイがあることと、電気料がかかるなどのデメリットがあるそうだ。

これだけいろんなヒーターがある時代、選び方のポイントをどこに置くか。それだけで迷ってしまうところだが、「とりあえず多数派」にと、ガスヒーターを購入した我が家。
エアコンのない部屋では、補助暖房「ハロゲンヒーター」を主役で使っていた昨シーズンより、格段にあたたかな冬がやってきました。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年12月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース