bit

「うちの子」化もついにここまで!? 猫の母子手帳

       
先日、書店へいったところ『猫の母子手帳』なるものを発見。見た目もビニールカバーつきのコンパクト仕様で、ホントに母子手帳みたい! その日食べたもの、体重などを書き込みつつ、写真を貼ったりして自分なりに完成させていく「愛猫日記」なるものだ。

この本を企画した株式会社あおば出版の担当者さんにお話を伺ってみたところ、やはりご自身も猫を飼っていて、その猫が急に病気になったことが企画のきっかけになったという。獣医さんに「ここしばらくのおしっこの量は?」とか「食欲はどうでしたか?」などと聞かれても、あまり気にしていなかったため正確に答えられない……ということがあったそうなのだ。
なるほど、この手帳を使えば子猫の成長記録としても記念になるし、万が一のとき獣医さんに見せるデータとしても役立ちそう。通院カードや予防接種の記録を挟めるようになっていたり、書き込みページだけでなく猫と会話するためのボディランゲージや、緊急のケガや病気への対処法まで載っていて読み物としても楽しめる構成になっている。今後、続編として「シニア猫版」なども出せたらと考えているとか。

ついでに最近のペット事情についても少し話を伺ってみたところ、こういった「うちの子化現象」は、どちらかというと猫よりも犬に顕著な傾向らしい。愛犬家同士は「◯◯ちゃんのママ」「◯◯ちゃんのパパ」と呼び合うのがふつうで、「公園デビュー」などもあるというのはビックリ(!) 「その点、猫はあまり外に出さないことが多いので、飼い主同士の交流なども生まれにくいんじゃないんでしょうか?」とのことだった。

さらに、愛犬家でライターの友人にも話を聞いてみたところ、仕事が忙しいときにはなんと、愛犬を「犬の幼稚園」のようなところへ預けているという。その施設では名札、通園バッグ、連絡帳、送り迎えなど人間の子どもとまったく同じ手厚い待遇に、家から持っていった「お弁当」を食べさせているという。また、彼は某ペット雑誌の仕事などもしているのだが、「犬」「猫」「エサ」などの言葉は絶対に言ってはダメで、必ず「わんこ」「にゃんこ」「◯◯ちゃんのごはん」と言わねばならないのだそうだ。
10年以上、ペットを飼っていない自分としてはまさにカルチャーショックだったが、ある意味、これほど人間とペットの絆が強くなっている時代はなかった、ともいえるかもしれない。

それにしても、飼い主同士の交流があまりない猫と違って、犬は「公園デビュー」や「パパ&ママたちの集い」にうまく馴染めるかなどいろいろクリアしないといけない課題が多くタイヘンそうだ。実は最近、ちょっと犬を飼ってみたいと思っていたのだが、うっすら心配になってしまいました。
(猫まんま)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年1月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。