bit

どうする? 今年のエイプリル・フール

どうする? 今年のエイプリル・フール
4月1日はエイプリル・フール。みなさん、ウソの準備はできましたか?

私もこの時期になると「今年はなにかウソついてやろう!」と思うのだが、当日になるとコロッと忘れていて、いつのまにか人に騙されているというのがここ数年のパターン。ちなみに私の周りではメールやブログを使ったウソが最近の主流。内容としては「彼氏ができました」とか「結婚しました」なんてネタが多いのは、30前後という微妙な年齢のせいか。

また最近ではエイプリル・フールの特設ページを立ち上げる企業も多い。インターネットでのエイプリル・フール企画を推進している日本インターネット エイプリル・フール協会(JIAFA)の佐藤さんに最近の動向!? などを聞いてみた。
「基本的にその年の世相を占うようなネタが多いと感じますし、企業の景況感もなんとなく感じるところがありますね。そして特にネット上の話題や流行などには敏感だと思います。たとえば去年は動画を使ったネタがあったり、その一昨年はブログネタが多かったりと、その年それぞれのブームのようなものが端的に現れるのではないでしょうか」
企業サイトとしては、毎年素晴らしいネタを提供してくれる「Iripress Watch」(Impress Watch)、「Yahoo!エコ発電」「Yahoo!ばぶばぶ」といった特設ページを開設するヤフーのネタなどは今年も注目できそうだ。

「インターネットはすぐに反応が返ってくる双方向性のメディアで、ウソをコミュニケーションとして楽しみやすいと感じます。しかしながら、人を傷つけるようなウソはネット上でも避けたいですね。万人が気持ち良く笑えるようなセンスのいい『ウソ』に期待しています。そうすることで、日本のインターネットをもっともっと楽しいものに出来ればと願っています」
と佐藤さん。気軽に凝ったウソがつけるのはネットならではだが、だからこそ内容には細心の注意を払いたいもの。ちなみに「タクログが流行」などのニュースは誰もがほのぼのできるウソの好例だろう。

同協会のサイトでは、協会の主旨に賛同する人に向けた様々な情報を公開中。自分でサイトを運営している場合は掲示板への事前登録や、当日に特設ブログへトラックバックをすることで参加可能だ。またメーリングリストでは自身のネタの発表やその他面白いサイトの情報交換を行っている。何かやってみたいけど案がない! という人はぜひ参考にどうぞ。

年に一度、悪意のないウソが許される日、エイプリル・フール。楽しいウソは慌しい一日のなかにちょっとした息抜きの時間を作ってくれる。さーて、私はどうしようかな。
(古屋江美子)

日本インターネット エイプリル・フール協会(JIAFA)HP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2007年3月31日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース