bit

猫、48匹集めてみませんか

       
猫の人形を集めると御利益がある……そんな猫好き垂涎の神社があると聞いた。

猫をご神体にする神社かと思いきや、意外にもそこは大阪で「すみよしさん」と呼ばれ親しまれている住吉大社。
毎月最初の辰の日に行われる初辰まいり(通称、はったつさん)で有り難い猫の置物をゲットできるという。

その名前は「招福猫」。
数センチほどの土人形で、羽織を着込んで片手をあげている招き猫スタイルだ。
招福猫は奇数月なら左手、偶数月なら右手を挙げており、左手なら家内安全、右手なら商売繁盛の御利益があるそう。

そんな招福猫を毎月辰の日に1つ買って帰り、これを48体揃える。つまり4年間、辰の日まいりを行う。と、中くらいの大きさの招福猫に替えて貰うことができる。
さらにもう一回48体集めれば、逆の手を挙げた招福猫を。もういっちょ48体集めれば特大サイズの招福猫を……と、待ち受けるのは十数年かかるコレクター道。
ちなみに48回参る事で四十八辰……つまりは「始終発達」で満願成就というダジャレのような心憎いおまけ付きである。

何かを初志貫徹するのは時間も手間もかかるもの。招福猫を集められるなら、どんな事にだって立ち向かえそうだ。
なによりもその十何年間も健康にお参りできている事実こそが、一番の御利益なのかもしれない。

なお、このはったつさんはただ招福猫を買うだけの日ではない。
種貸社、楠くん社、浅沢社、大歳社の四社巡礼をまとめて初辰まいりという。もちろん時間のない人は招福猫を買って帰るだけでも良いのだが、明治時代から続く由緒正しいお参りなので一度はきちんと巡ってみたい。

他にも、大社の五所御前にある玉垣内では「五大力」という心願成就のお守りを手に入れる事もできる。
ただしこれは買えばいい、というものではない。玉砂利ゾーンの中に「五」「大」「力」と書かれた石が投げ込まれているため、それを自力で探し出してお守りにするのである。
文字入り石の割合は100分の1程度、と聞く。3つ揃えるのは相当に骨が折れそうだ。待っているだけでは、幸福は訪れないということか。

とにかくここ、住吉大社はそのように体を動かすお参り方法が多い。
神様相手に失礼かもしれないが、ちょっとしたアミューズメント気分。厳めしい雰囲気はなく、皆わいわいと楽しそう。ああ、お参りできてよかったなあと思える神社なのだ。

なんと言ってもはったつさんの招福猫の可愛さは心ときめく。1個じゃイヤだ、沢山欲しいというならぜひ「始終発達」を目指してみよう。
(のなかなおみ)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年4月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。