bit

今年の夏はコレ! 「明星ゆるうどん」

7月も終盤。本格的な暑さがやってくる。
そんなこれからの季節、ぜひ試してみたいカップ麺が明星食品株式会社から発売される(7月23日全国一斉発売)。
その名も「ゆるうどん」。夏なのにうどん、しかも「ゆる」ときた。

プレスリリースによると、「チカラを抜いてさらさらと食べられる、暑い季節にぴったりの創作うどんの登場です。今回開発したのは、『ゆる体操』や『ゆるキャラ』など、ブームになっている『ゆるさ』をキーワードに、夏場に食べやすい、ヘルシーでやさしい味覚の“癒し系”うどんです」とある。

うどんは寒い時期のもの、麺はシコシコという既成概念を打破するようなこの「ゆるうどん」。
さっそく明星食品(株)に話を聞いてみた。

「うどんが夏場の方が売れる……ということは全くございません。消費者調査では、うどんは夏でも冬でも食欲がないとき、風邪をひいたとき、というように体が弱っているときに食べたくなることが多いというデータもあります。夏にあえて温かいうどんを買い求めるお客さまの欲求を満たすために提供できるホスピタリティー……それが辛味やスタミナではない“癒し”です」

それにしてもうどんに「ゆるさ」というキーワードは相当なチャレンジだと思うのだが、このあたりはどうなのだろう。
「『うどんといえばコシが命!』をモットーに麺作りをしてきたので、真逆の『やさし〜いコシ』の麺という発案で会議は騒然。“議論”というより“激論”でした」

や、やはり。でも「ゆるうどん」というネーミングは秀逸だ。
「この商品を生かすも殺すもネーミング次第という考えは当初からありました。実際には、担当者が一人で考えたというよりは…………企画が持ち上がった当初から、企画部長の席から“へなへな”、“ふにゃふにゃ”、“むにゃむにゃ”、“ぴろぴろ”などというつぶやきが聞こえ始め、部署全員に『ゆる菌』らしきものが蔓延。やがて企画部内のあちこちから奇妙なつぶやきが聞こえるように……。いつしか『ゆるうどん』と呼ばれるようになりました。“ゆるさ”は即席麺市場では未踏の領域でもあるので、消費者に分かりやすく伝わる素直なネーミングであることが一番だと思います」

企画部内に「ゆる菌」……失礼ながら笑えます。
「ゆる体操をしてみたり、“ゆるさ”を探して社内をブラブラしてみたり、ゆるキャラ一覧を眺めてみたり……かなり“ゆるさ”を体感しました」

麺はつるりとなめらかで、スルスルとのどを通る、しなやかなコシのスーパーノンフライ製法。スープは
カツオといりこを効かせたダシをベースに、隠し味に緑茶を加え、清涼感を漂わせたもの。かやくはオクラ、めかぶのヘルシーなネバネバ素材を中心としたもので、さらに、あとのせかやくとして、とろろ昆布、大根おろし、千切りねぎ、糸唐辛子が加わり、ゆずがやさしく香るのだそう。

う〜んこれは本当に暑い夏によさそう。
ところで「ゆるうどん」、ネーミングからしてうっかり「ぬるい湯」を使ってしまいそうだけどやはり沸騰したあつあつの湯を使うのですよね。
「はい。暑い夏でもめげずに沸騰したお湯を使っていただくのがベストです! より良い“つるりん麺”をお楽しみいただくには、熱湯を注いでゆったりと5分、“ゆる体操”でもしながら待っていただくのが何よりです。ゆる〜いネーミングとパッケージで“クスっ”と笑ってリラックスし、力を抜いてゆるゆると食べていただき、少しでも癒しを感じていただければ嬉しいです」

これから夏本番、暑さと日頃のストレスに打ち勝つには「ゆるさ」も重要なポイントのようです。
「ゆるうどん」今年の夏のトレンドになりそうです。
(こや)

明星食品(株)HP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2007年7月23日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース