bit

口紅とエコが結びついた「プラント・ラブ」

できることからやってみよう! という合い言葉とともに広がっている「エコ運動」。

地球温暖化に関して、最近「アースライブ」なるものも世界各国で公演されたようだが、さて身近なことから始めるとなると、思いつくのがリサイクルやマイバッグ使用。しかし、リサイクルも場所と場所で規制が異なったりと、困惑することも確かだ。
そんななか「ゴミを出さない」という考えに基づき、ゴミになるものは一つもない、という口紅を見つけたので紹介したい。

「プラント・ラブ(PLANT LOVE)」という口紅とエコが結びついた商品がそれ。
カーゴ化粧品(Cargo Cosmetics)から出ていて、紅が入っているチューブと外箱が、何とトウモロコシでできているという。100%コンポスト可能で、100日以内に土にかえる生物分解性物質だ。
そして面白いのは、その外箱に野生植物(花)の種が埋め込まれていて、外箱を濡らし、ちぎって鉢や庭に埋めると、花が咲くという仕組みだ(野生という点で特別な世話は要らないのだろう)。まさに捨てるところ、ゴミになるところは一つもない。
口紅自体が小さい物だとはいえ、外箱だって使い終わったチューブだって、普通ならゴミになるところだが、花に生まれ変わるなんて魅力的。

「今日蒔いた種子は未来の世代に向かっている。これが自然に地球を大事にしよう」という精神に繋がる、と哲学とも言うべきものがこの口紅にはあるようだ。
今現在12色が出ているが、そのうちの5色は、リンゼイ・ローハンをはじめとするセレブがデザインしたもので、色の名前も「リンゼイ」(透明っぽいピンク)になっている。

エコロジカルビューティーということで、口紅らしからぬネーミングで登場した新色に、日本を代表してか「yakushima」というのがある。これは落ち着いた赤系なので、秋に向けていいかもしれない。

1本約2400円の口紅。このうちの約240円は子供病院に寄付される。
(シカゴ/あらた)

「プラント・ラブ(PLANT LOVE)」紹介ページ*カーゴ化粧品サイト内(英語)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2007年7月25日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース