bit

「理科年表」で涼む!?

8月に入って連日各地で猛暑日を記録。
テレビでは「日本全国どこに行っても暑さからは逃れられそうにありません」なんてコメントも聞かれる今日この頃。

そこで、「暑い、暑い」とばかり言っていては能がないので、家に居ながらにして多少は涼を感じられることはないか、とちょっと考えてみました。
ふと机の脇の本棚を見ると、そこには「理科年表」が。理科年表は1冊にさまざまな理科・科学データが網羅されているデータブックで、年に1回発行されている。暦、天文、気象、物理・化学、地学、生物、環境と大きく7つの分野を網羅。理科オンチの私が理解できるものは、数あるデータの中のほんの一部だけれど、なぜか手元にあるのです。

我が家にあるのは平成17年発行の平成18年度版で1年前のもの。さっそく気象を見てみると、ここには最高気温や最低気温、降水量など気象にまつわる様々なデータが掲載されている。
東京の統計開始からの最高気温を調べてみると、2004年7月20日に39.5度となっている。ひょえー。2004年はこんなに暑かったんですね。でも3年前のことなのにほとんど記憶にないのが不思議。ちょうど当時の手帳があったのでその日は何をしていたかを見てみると、何とコネタの原稿締切日でした。

過去の暑い日を振り返っても涼しくはなりそうもないので、今度は世界の気温、月別平均値を見てみる。
8月に最も涼しい場所はどこか……。−68.2度。VOSTOK……ボストーク、予想通りではありますが、南極にあるロシア基地。理科年表では8月にマイナスになっているのはこの南極ボストークだけ。あれれ、意外。
次いで気温が低いのは2.5度のUshuaia Aero……ウスアイア・エアロ。マゼラン海峡を越えた南米大陸の南の先端フエゴ島にある町。恥ずかしながら私、今回初めてこの地名を知りました。ウスアイア・エアロは一年を通じて2.5度から9.7度という温度。南極に近いわりにはもしかしたら過ごしやすい土地なのかもしれません。
次は2.7度のEureka Ua Nwt。カナダのノースウエスト準州。Tasiillaq……グリーンランドのタシーラク(旧称:アンマサリク)は6.1度とこれまた涼しそうだ。それにしても2度だの6度だの話をしていたら普通は「寒そう〜」という表現だけれど、今は真夏なので「涼しい」と表現してしまうのがなんですが……。

理科年表は理科・科学のデータブックだけれど、こうやって理科オンチでも数字を眺めつつ楽しめるのがいい。
何気なくパラパラとページをめくっていると、「脊椎動物の寿命」として記録された最長寿命という項目が。
ウシ30年、ラクダ50年、アフリカゾウ80年となるほどなの数字の後、リス23年7カ月とちょっとびっくりな数字。小さい動物は寿命が短いと単純に思っていたけれど、そうではないようです。そしてウナギ88年……というとんでもない数字を発見。
「涼む」を忘れてとんでもない方向に行ってしまいましたが「理科年表」、まだまだ色々な楽しみ方が発見できそうです。
(こや)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2007年8月16日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース