bit

来年は29(ニク)周年! キン肉マンがアツイ

『スラムダンク』や『ドラゴンボール』はもちろん、『北斗の拳』も『ガンダム』も『ジョジョの奇妙な冒険』も、女性ファンはかなり多いのに、なぜか『キン肉マン』だけは、圧倒的に「男のもののイメージ」だった。

個人的には今も気を抜くと、うっかり「牛丼ひとすじ300年〜♪」の鼻歌が出そうになるほど好きだが、女子にとってのキン肉マンというと、「小学生のとき、おさげをしてただけで男子にラーメンマンと呼ばれた」「おかっぱだっただけで、ウォーズマンと呼ばれた」程度の思い出しかない人もいるかもしれない。
だが、そんな女子との接点を生む「シャレたキン肉マン」が、登場していることをご存じだろうか。

Tシャツブランドのデザイナーとして活躍中の「パンソンワークス」とのコラボで、今年2月からアミューズメント景品として、バンプレストが「KINNIKUMAN×PansonWorks」を展開している。

プライズディビジョンハイターゲットユニット開発チームの開発担当者は言う。
「もともと『ロビンくんと100人のお友達』というキャラクターで付き合いのあったパンソンワークスさんが、キン肉マンをアレンジしたらどうなる? と思ったんです」
さらに、PansonWorksの手がけるキャラクターに『マスクマン』というプロレスラーの人気キャラクターがあったこともあり、知名度のある『キン肉マン』をそれと横並びにできないかと思ったのだとか。
発注は、ズバリ「キン肉マンをパンソン風に」。

「できあがってきたものは、ほぼイメージ通りでしたが、キン肉マンの表情だけは最初、『なんだ、これ?』と驚きました。バカにしたような顔だなと思ったんですが、見ているうちに気に入ってしまって(笑)」
と、開発担当者。

ただし、版元・原作者あってのキャラクター。原作者の、ゆでたまご先生は「アレンジされる」ことにどんな反応を?
「ゆでたまご先生がどう受けとめるかがいちばんの心配だったのですが、快く受け入れてくれました。それどころか、新作のサンプルを楽しみにしてくれているほどです(笑)」

先生をも夢中にした、この新たな「KINNIKUMAN」は、原作ファンは圧倒的男性といわれるなか、見事に女性ファンも獲得しているそうで、ソフビの他にもキーホルダーがあり、今後はサイズ違いのソフビ、ボールチェーンのぬいぐるみ、トートバッグなどが登場するという。
さらに、「アミューズメントだけではもったいない」と、版元の東映アニメーションが商品化に乗り出し、他社から文具、ガム、フィギュア、日用雑貨、カプセル玩具など多方面に展開される予定だ。

「ちなみに、来年はキン肉マン29周年。ハンパに聞こえますが、29(ニク)ってことで、キン肉マンの年として、どんどん展開が広がる予定です」
従来の原作ファンに加え、いよいよオシャレ層や、女子がキン肉マンに夢中になる日も到来するか!?
(田幸和歌子)

「KINNIKUMAN×PansonWorks」HP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2007年10月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース