bit

お笑い芸人の演技派はツッコミとボケ、どっちが多い?

お笑い芸人の演技派はツッコミとボケ、どっちが多い?
今後もドラマ、映画で活躍するお笑い芸人は増え続けるのでしょう
役者としても、ドラマや映画にもひっぱりだこのお笑い芸人たちだが、芸人というのは演技がうまい人が多いと思う。すごく上手、というわけではなくても、そつなくこなしている人が多い、という感じだろうか。もともとコントや漫才でものまねをしたり、演じている要素が強いからかもしれない。つい先日、「アンジャッシュ」の渡部建が『働きマン』に出演していたが、けっこうハマり役で違和感がなかった。

でも、コンビだとすると、どちらかに偏っているのではないだろうか。例えば、すぐに思い浮かぶのは「ダウンタウン」の浜ちゃん(浜田雅功)。松ちゃん(松本人志)はお笑いのセンスはすごいけど、演技はあまり……だったのに比べて、浜ちゃんはなんというか、自然な演技が良い感じで『ADブギ』『十年愛』『Friends』など、代表作も多い。

さらに「極楽とんぼ」の加藤浩次もよくドラマに出ている。調べてみたら、『人にやさしく』『ブラックジャックによろしく』『逃亡者』『汚れた舌』『クロサギ』『僕の歩く道』などなど、出演数の多いこと! しかも、それなりに重要な役。ルックスはいいほうだと思うけど、それに負けない演技力もあるなんて。実は相方の(だった)山本圭一も『ラブ・レボリューション』に出ていたとき、良かったのだけれど……残念。

あとは「ナインティナイン」の矢部浩之。『花嫁は厄年ッ!』で篠原涼子の相手役を演じていたが、好感がもてた。岡村隆史はたぶんキャラが強すぎるのだろう。それから「キャイ〜ン」の天野くん(天野ひろゆき)も『おいしいプロポーズ』でハセキョー(長谷川京子)のお兄ちゃん役を演じていて、意外とよかったなあ。などなど、いろいろ思い出すのだが、みんなうまいこと演じていると思う。で、上記4人はお笑いのコンビでいうとみんなツッコミ担当。たまたまかもしれないが、「アンジャッシュ」の渡部建もそう。

もしかすると、ツッコミの方が演技派が多いのか? そこで、いろんなコンビやトリオを改めて分析してみることに。

すると、私の予想に反して、ボケ担当のほうが多かったのである。

まず、話題のドラマ『ガリレオ』に刑事役がなかなか合っている「品川庄司」の品川祐。映画『間宮兄弟』や『キサラギ』に出演し、良い味を出していた「ドランクドラゴン」の塚地武雅、『古畑任三郎』シリーズに出て以来、すっかり役者での出番の方が多くなった気がする「アリtoキリギリス」の石井正則。また、映画などにも数多く出ている「雨上がり決死隊」の宮迫博之も、その演技が高く評価されている。彼らはみんなボケ担当。 

そして、ちょこちょこドラマにも出ていた「チュートリアル」の徳井義実は、こんど映画『天国はまだ遠く』への出演が決まるなど、期待度大。実際、演技はうまいほうだと思う。それに映画『フラガール』で絶賛された「南海キャンディーズ」のしずちゃん(山崎静代)、昨年そのしずちゃんとスペシャルドラマ『笑える恋はしたくない』で相手役を演じた「次長課長」の河本準一もいる。彼は『タイガー&ドラゴン』や『14才の母』などにも脇役で出演していた。

さらに、『ちゅらさん』にはコンビで出ていたけれど、主役の国仲涼子の兄役が印象的だった「ガレッジセール」のゴリは、その後『鬼嫁日記』でも観月ありさの相手役を好演。しかも映画『忍者ハットリくん』ではケムマキ役。ゴリエにだってなりきるぐらいだから、彼はやっぱり演技派なのでしょう!

それから「130R」の板尾創路も映画やドラマの常連。NHK朝の連続テレビ小説『芋たこなんきん』でも存在感のある役を演じていた。また「千原兄弟」の千原ジュニアは、三池崇史監督、豊田利晃監督などの映画にも出演、彼もまた独特の存在感を放っている。

他にも、トリオだけど『奥さまは魔女』で米倉涼子の相手役を演じたほか、ミュージカルなどにも出演、さらにNHK大河ドラマ「篤姫」では大久保利通役を演じることが決まっている「ネプチューン」の原田泰造。そしてトリオといえば『花より男子』シリーズでの役も記憶に新しい「B21スペシャル」のデビット伊東も、かなりの出演作を誇り、役の幅を広げている。

というわけで、演技で目立った活躍をしている人をあげてみたら、実はボケ担当が多かった。

逆に、ツッコミ担当で前述していないのは、ちょっと古いけれど「B&B」の島田洋八ぐらい? とくに映画『鮫肌男と桃尻女』での彼はすごくよかった! 

考えてみると、漫才でもコントでもボケ担当のほうが、“演じている”要素が強いのかもしれない。常にとらえどころがない役を演じているという感じだろうか?!

それにしても、コンビの場合は2人ともドラマで活躍、というよりそれぞれの個性で、どちらかしか出ないという戦略があるのかも。もちろんオファーが先だろうけど。ただ、話題性だけでなく、それなりにちゃんと演じられているのがすごい。お笑い芸人というのはきっと器用な人が多いのだろう。まあ、歌手で演技がうまい人も多いから、大きなくくりで表現者、ということにもなる。みなさん芸達者ということですね!
(田辺 香)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク