bit

「箱根駅伝ミュージアム」で、あなたも駅伝ツウに!

       
もうすぐお正月。こたつでテレビでも見ながら、ひたすら食べて飲んで……、あのマッタリ感がいいんですよね。ところで正月といえば、気づけば毎年見ているのが「箱根駅伝」。みなさんは見てますか?

毎年多くのドラマが生まれる「箱根駅伝」は、いまや新春の風物詩。2008年で84回目を迎える歴史ある大会だ。しかし毎年見ているという人でも、その歴史や詳細は知らない、または忘れている人も多いのでは? そこで来年の箱根駅伝をさらに楽しむべく、駅伝の歴史がわかるという「箱根駅伝ミュージアム」へ予習をしに行ってきた。

芦ノ湖のほとりにある箱根駅伝ミュージアムは2005年3月にオープン。駅伝の往路ゴール、つまり復路のスタート地点という、それだけでテンションがあがりそうなロケーションだ。館内には、第一回大会からの歴史を写真と共に振り返る展示や、名場面を流すシアター、さらに歴代のヒーローや監督にスポットを当てた特集など、箱根駅伝の歴史と魅力がたっぷりつまっている。

私が訪れたのは12月半ば。平日にも関わらず、駅伝直前ということもあってか、なかなかの人出。まずは1920年の第一回目からの名シーンから……と展示に見入っていると、館長さんがやってきて挨拶をしてくれた。さらに、
「箱根駅伝は1920年から開催し、来年で84回。本来なら88回目なのに、数が足りないのはどうしてでしょう?」
といきなりクイズ(笑)! でもマジメに展示を見ていた私は得意気に即答。
「途中、戦争のために中止になった大会があるから」
これは正解。すると続いて、
「以前は1月2日・3日ではなく、4日以降に行われていたときもあったんですよ。理由わかります?」
うーん、これはわからない。答えは「4日は仕事始めだから」。交通規制があるため、なるべく地元に迷惑をかけないよう配慮した結果、今の日程に落ち着いたのだそう。
「こんな風にいろいろ考えながら見ていくと、さらに楽しめますよ」

そんなアドバイスのおかげもあり、かなりじっくり館内を堪能。実際に使われたというユニフォームに見入ったり、オリンピックの舞台に巣立っていった選手たちのエピソードに感動したり、歴代の出場回数トップ10などのデータに唸ったり……。これで駅伝の予習はバッチリだ。

箱根駅伝ミュージアムは、基本的に休館日なし。しかも箱根駅伝のある1月2日・3日は朝8時から営業しているそう。さらに12月28日からは、2008年第84回箱根駅伝のオフィシャルグッズも販売するとのこと(在庫が無くなり次第終了)。ぜひ今年はグッズ片手に箱根駅伝を応援してみては? 

知れば知るほどおもしろい「箱根駅伝」。やっぱり来年も見逃せません。
(古屋江美子)

箱根駅伝ミュージアムHP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年12月28日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。