bit

現代夫婦のカタチは「すり合わせ夫婦」!?

去る5月13日、都内で、現代の家族・夫婦にとっての「ちょうどいい」の実態を研究する機関「ちょうどいいラボ」の設立・研究発表会が開かれた。

「ちょうどいいラボ」は、家族や夫婦お互いにとっての「ちょうどいい」車づくりを実現する目的で、ホンダこと本田技研工業株式会社が設立した研究機関。同ラボの研究員を務めているのは、家族社会学研究者の山田昌弘教授(中央大学文学部)と、流通ジャーナリスト兼購買促進コンサルタントの金子哲雄氏。

この研究発表でとても興味深かったのは、団塊世代の男女516人、団塊Jr.世代の男女516人の計1032人を対象に実施した「夫婦の行動と意識の実態」に関するアンケート調査。「団塊世代が結婚当初にどうだったか」と「団塊Jr.世代が今どう思っているか」を比較することによって、現代における新しい夫婦像が明らかにされている。
このアンケート調査によると、共働きなどによる役割分業の男女区分の流動化、ライフスタイル・価値観の多様化を背景に、現代の夫婦像・理想の夫婦関係が、一方、特に夫の意見が通っていた夫主導型から、モノを購入する際にも2人で話し合って決める夫婦対等型の「すり合わせ夫婦」へとそのカタチが変化していっているというのだ。

例えば車を購入する際に、「夫婦2人で話し合いをもった割合」は、団塊世代の結婚当初では52.6%と半数を超える程度であったものが、団塊Jr.世代では80.5%へと数値は大きく上昇した。また、「車を購入する際、夫の意見が通った割合」は、団塊世代の結婚当初では70.8%であったものが、団塊Jr.世代では48.0%と半数にも満たない数値に。

さらに、「理想の夫婦像」の調査では、団塊世代の結婚当初は「夫が中心で妻がついて行く夫婦」と回答した人は50%(団塊Jr.世代は19.8%!)なのに対し、団塊Jr.世代は「夫と妻が対等で話し合って決める夫婦」と回答した人が69.6%(団塊世代の結婚当初は41.7%)にも上った。
また、団塊世代の結婚当初と団塊世代の「今」を比較したデータでは、「夫が中心で妻がついて行く夫婦」と回答した人は50%→19.6%にまで激減しており、団塊世代自体も時代とともに考え方が変化していることが窺える。
こういった様々な調査結果から、

「夫婦2人で話し合って、お互いの意見を『すり合わせ』、ちょうどいいモノを選ぶ。これが現代の『すり合わせ夫婦』にとって満足度を高める幸せのカギと言えるかもしれません」と山田教授。

「ちょうどいいラボ」ではこの意識調査の結果を活用した夫婦相性診断ツールをウェブサイト上で提供している。山田教授が監修を務めるこの「ハニダリ(ハニー&ダーリン)ちょうどいい診断」では、夫婦2人それぞれが30の質問に回答していくことによって、お互いの価値観の相違や、相手への理解度、実際、どの程度「すり合わせ」の行動を取っているかなど、現在の2人の関係を診断してくれる。

質問項目は、「毎週欠かさずに一緒に見るテレビ番組がある?」「夫婦を支えているのは妻(夫)だと思う」などいずれもシンプルなもの。質問すべてに答えると、「似た者ハッピータイプ」「違うから引かれ合うタイプ」など2人の関係がタイプ別に分類され、さらに、より満足度を高めるためにはどうすればいいか? といった診断結果に対する山田教授のワンポイントアドバイスも見ることができる。

夫婦のみならず、カップル同士でも、この「ちょうどいい診断」で2人にとっての「ちょうどいい度」を診断してみませんか?
(dskiwt)

「Honda ちょうどいいラボ」HP
「ハニダリちょうどいい診断」HP
「Honda」HP

*山田昌弘氏の本
エキサイト商品検索『「婚活」時代』

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年5月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。