bit

ナゴヤメシの最終兵器 あんかけスパは全国区になるか!?

ナゴヤメシと言えば、みそカツ、みそ煮込み、手羽先、きしめん、ひつまぶし……。
みそカツの「矢場とん」や手羽先の「世界の山ちゃん」は東京出店で大人気だし、ひつまぶしやきしめんも全国各地の居酒屋をはじめとする様々なお店で食べられるようになった。
すっかり市民権を得たナゴヤメシ。
「大いなる田舎」と言われていた昔に比べると、名古屋の食文化の認知向上(!?)に、名古屋出身者としては、嬉しい限りだが、ちょっと待って。名古屋人にとっての地元の味の最終兵器がまだ残っているのだ。
それが、「あんかけスパ」である。
 
色々な素材や香辛料を形がなくなるまで煮込み、ピリリとスパイスをきかせたソースと具材とをかなりの太麺にからませて頂くあんかけスパ。中華のあんを想像しがちだけど、まったく違う。ボリュームとスパイシーなテイストは他に似たものがなく、病みつきになってしまうのだ。

さて。ここで一つ疑問である。あんかけスパは、このナゴヤメシブームに乗ることができるのか。
カレーで有名なカレーハウスCOCO壱番屋を経営する株式会社壱番屋は、先陣を切りあんかけスパのチェーン店「パスタデココ」を東京にも出店。現在は、西新橋に店舗を構えている。さっそく、パイオニアである(株)壱番屋に東京におけるあんかけスパの反応を聞いてみた。

「ランチタイムには、サラリーマンの方を中心に好評をいただいております。あんかけスパゲティは東京でのお店が少ないため、懐かしい味としてよくご来店いただく名古屋出身の方も多いようです」
なるほど……。
サラリーマンを中心にファンを広げているものの、まだまだ名古屋出身者が支えている感が否めないのかも……。パスタデココも、当面は地元東海エリア(愛知・三重・岐阜)での展開をしていく予定だとか。全国区への道は厳しいか……?

しかしながら、諦めるのはまだ早い。
みそ煮込みだって、「うどんが煮えてないんじゃないか!?」など、認知されるまでに時間はかかったではないか。あんかけスパは名古屋では専門店でなくても、多くの喫茶店で食べれるほど浸透しているのだ。スーパーには、自宅でも食べられるようレトルトのあんかけスパのソースが売っているほどなのだ。可能性はまだ高いと見た!

名古屋出身の皆様。まずは、周りの人10人に「あんかけスパって、でらうまいで。」と呪文のように伝えることから始めてみませんか。そうすれば、東京に住むあなたも、大阪に住む私のようなOLも、ランチにあんかけスパの日々が帰ってきます。
(平山ハイジ/studio woofoo)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年5月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース