bit

渋谷での待ち合わせ、どこでしていますか?

渋谷の交差点は、混雑の代名詞ともいえる場所。信号待ちをしていたとき、「なにこれ、祭り?」という声を何度聞いたことか。人間は、「混んでいる=祭り」という表現をするのか、と興味深く感じたものだ。

さて、そんな大混雑する渋谷だからこそ、待ち合わせするとき、みなさん、工夫しているのでは? 私はいつも決めている場所があるのだが、一般的にどうなのだろう? というわけで、30人に調査してみた。結果は以下のとおり。

ハチ公       5人
モヤイ像      4人
TSUTAYA 1階     3人
TSUTAYA 6階(本屋) 2人
マークシティ入口  2人
渋谷駅前交番    2人

以下、1人ずつ。
ハチ公ファミリー(JR駅ハチ公口を出てすぐの壁)/西武百貨店の入口/京王線改札口/青山フラワーマーケット/ハチ公そばの電車内(昔使われていた東急電車をギャラリーとして再利用しているもの)/大盛堂書店/モトヤエクスプレス(文教堂2階)/HMV/東急ハンズ/ビッグカメラ/ロクシタン/待ち合わせはせず、着いた時点に携帯電話で連絡を取り合う/以上。

思っていたよりもバラバラの意見が多かったけれど、やっぱり多かったのが「ハチ公」。常に混んでいるから避けられているのでは、と勝手に想像していたが、まだ人気の様子。理由は、「誰でもわかるから」「JRや地下鉄、何線からでも近いから」など。一方、「ハチ公は混んでいて相手を見つけにくいから、絶対に待ち合わせしない」という人もいたが。

次の、「モヤイ像」と答えた人の理由は「意外と空いているから」。たしかに、これは私も感じたことがある。交差点に面した場所ではないからか、ハチ公ほどの混雑がないようだ。

続いて、「TSUTAYA」。1階は主にDVDが売っている場所。6階は本屋だが、どちらも理由としては「商品を眺めながら待てるので、退屈しないから」。これはごもっとも。「携帯が普及してからとくに、遅れる人が増えた。だから楽しく待てるように」という意見もよくわかる。

ちなみに私は、聞いた中でも1人があげていた「ロクシタン」が定番の待ち合わせ場所。JRの駅に隣接した渋谷東急百貨店の1階にあり、「青山フラワーマーケット」も近い。自分自身、JRを利用していることもあるのだが、雨が降っていても濡れずに待てるし、しかも商品をみていられるのがポイント。

「HMV」、「東急ハンズ」など、駅から少し離れた場所をあげる人もいたが、これもやはり、「退屈せずに待っていられる」のが理由だった。

「待ち合わせはせず、着いたら電話で連絡を取り合う」というのは、現代だからこその意見。今回は1人しかいなかったけど、実際、こういう人は多いのかもしれない。携帯電話を持っていなかった頃、1時間ぐらい待たされた思い出があるけど、今となっては懐かしい……。

だいたいの傾向がわかったところで、『東京待ち合わせ案内』という書籍の編集者の方にも意見を求めてみた。この本のコンセプトは「とっておきの待ち合わせ場所」。単に便利だからとか、退屈しないからという理由だけではなく、主に仕事の待ち合わせで、お互いが落ち着いて会えるような場所を提案しているという。

渋谷では、「渋谷フランセ」「エスタシオンカフェ」などのカフェがいくつかセレクトされているほか、「TSUTAYA」もあれば、“さりげない待ち合わせのために”、「マークシティの入口」も提案されている。編集担当者いわく、「相手によっても変わってきますよね。例えば、その相手が好きそうなものが置いてある場所を提案するのもいいですし」とのこと。

基本的に、自分本位ではなく、相手を思っての待ち合わせ、ということだ。つい、自分が退屈しなければ、相手も退屈しないだろうと思いがちだけど、相手のことを優先して、思いやりで考えた場所の提案というのはまた、一歩先ゆく意見かもしれない。

きっと、渋谷の待ち合わせ場所には、他にもっと穴場的な場所もあるのだろう。地方に住んでいるから、あまり関係ないな〜という方も、あんまり渋谷に行かないからな〜という人も、いつか機会があったら、今回の調査を役立てていただきたい!
(田辺 香)

エキサイト商品検索『東京待ち合わせ案内』

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年6月14日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース