露ネット巨頭「Mail.ru」、中国アントなどと金融合弁会社を設立

2月12日、ロシアのインターネット企業「Mail.ru」が、ロシアの政府系ファンド「ロシア直接投資基金(RDIF)」、通信キャリア「MegaFon」、投資会社「USMホールディングス(USM Holdings)」、そして中国の「アント・グループ(螞蟻集団)」と提携し、合弁会社を設立すると発表した。今後、自国のローカルユーザーにファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)サービスを提供する。

協定によると、各社は決済合弁会社と金融サービス会社を設立し、ローカルユーザーへのサービス提供に注力するという。ロシアで日増しに人気が高まっているオンラインショッピングなどの分野に、デジタル決済や金融サービスのソリューションを提供するとのこと。

あわせて読みたい

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。