テンセントの挑戦、Eコマース分野で王者のアリババに対抗 【動画・英字】

テンセントはスーパーSNSアプリ「WeChat(微信)」でよく知られており、世界最大のゲームパブリシャーでもある。しかしこれほどの巨大企業であっても、電子商取引(EC)分野への参入は容易ではない。

同社は2005年、アリババ系ECモール「タオバオ(淘宝)」に対抗すべく、C2C(消費者間取引)マーケットプレイス「拍拍(Paipai.com)」をローンチした。だがその後、タオバオがその地位を強固にし、テンセントからの出資も鈍化したため、拍拍は最終的に後れを取り、後にEC大手「京東(JD.com)」に売却されることとなった。

しかしながらテンセントは、京東や共同購入型格安EC「拼多多(Pinduoduo)」といったアリババのライバル企業への影響力を持った投資により、ECセクターとの関連性を維持している。テンセントはWeChatのミニプログラムを活用することにより、注目を引き中小企業の売上を促進している。

テンセントによるEC戦略の詳細については、こちらの動画をご覧下さい。

(翻訳・浅田雅美)

当時の記事を読む

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「テンセント」に関する記事

「テンセント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テンセント」の記事

次に読みたい「テンセント」の記事をもっと見る

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク