バイトダンス、祖業のニュースアプリ「今日頭条」てこ入れ

バイトダンス、祖業のニュースアプリ「今日頭条」てこ入れ

短編動画アプリTikTokの本国版「抖音(Douyin)」は今年、デイリーアクティブユーザー6億8000万人達成の目標を掲げた。運営会社のバイトダンス(字節跳動)は「人気アプリ工場」とも呼ばれ、過去にもニュースアプリ「今日頭条(Toutiao)」を大ヒットさせており、TikTok以前はこれが同社の看板アプリだった。

その今日頭条が新たな市場を開拓するため、二つの事業部を立ち上げたことが36Kr傘下のメディア「Tech星球」の独自取材でわかった。

新事業部の一つは金融、テクノロジー、軍事などの専門コンテンツを提供するスマート閲覧ツール「識区」を開発する。コンテンツが自動でレコメンドされ、ユーザー同士が交流したり、「いいね!」やコメントができたりするなど、SNS機能も備えている。現在、社内でWEB版のテストが行われており、タグラインは「あなたの読む世界を定義する(定義你的閲読宇宙)」と決まった。

バイトダンス、祖業のニュースアプリ「今日頭条」てこ入れの画像はこちら >>

今日頭条のもう一つの新事業はブラウザだ。ある関係者によると、仮名称は「悟空」。独自の検索エンジンを搭載したブラウザで、デイリーアクティブユーザー1000万人台を目指すという。バイトダンスにとって、悟空は「抖音搜索」、「頭条搜索」に次ぐ三つ目の検索エンジンだ。

今日頭条はリリースされて9年。インターネットの世界では若くはない存在だ。シフトチェンジするには、さらなる変化や成長を求めることが重要となる。

今年第1四半期、今日頭条の月間アクティブユーザーは2億8000万人を超えた。モバイルデータのサービスプロバイダー「極光大数據(JIGUANG Big Data)」によると、1日あたりの新規ユーザー獲得数は2019年第3四半期、2020年第2四半期、2020年第3四半期に伸び悩み、2020年第3四半期には前年同期比54万3000人減となった。成長は停滞どころか下落に転じており、プレッシャーとなってのしかかっている。

今回立ち上げる二つの新事業は、新たな市場開拓というよりは、既存のユーザーを引き留める意図だろう。インターネットトラフィックの天井が見えてきた現在、今日頭条はぬるま湯から抜け出して事業の多様化に挑む。今日頭条の評価額は現在1800億ドル(約19兆7500億円)。新事業が順調に育ち、抖音と肩を並べるほどになれば、バイトダンスの国内事業にとって重要な成長の柱になるだろう。
(翻訳・愛玉)

当時の記事を読む

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク