AIロボット「AGILE ROBOTS」がユニコーン企業入り ソフトバンクGも出資

AIロボット「AGILE ROBOTS」がユニコーン企業入り ソフトバンクGも出資

AI搭載ロボットを開発する「思霊機器人(AGILE ROBOTS)」が、シリーズCで2億2000万ドル(約240億円)を調達した。ソフトバンク・ビジョン・ファンド2(SVF2)が出資を主導し、Abu Dhabi Royal Group傘下の「Chimera Investments」、「高瓴創投(GL Ventures)」、セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)、「線性資本(Linear Capital)」なども出資に参加した。産業界からはスマホ・IoT家電大手の「シャオミ(小米、Xiaomi)」、台湾EMS大手の鴻海ホンハイ)精密工業の中国子会社「工業富聯(フォックスコン・インダストリアル・インターネット)」(FII)などが投資した。

AGILE ROBOTSはSVF2の対中投資のうち投資額が最大のAIロボット企業で、昨年は世界のAIロボット分野で最高額を調達した。今回の資金調達後、AGILE ROBOTSの評価額は10億ドル(約1100億円)を超え、ユニコーンの仲間入りを果たした。

AGILE ROBOTSは2018年に設立され、独ミュンヘンと北京に本社を構える。創業メンバーはドイツ航空宇宙センター(DLR)のロボット工学・メカトロニクス研究所(RMC)やハルビン工業大学など国内外の著名な研究所の出身だ。

同社はこれまでにロボットのOS「AgileCore.OS」、AI力制御ロボット、五指型ロボットハンド、フレキシブルロボットの操作プラットフォーム(FIP)を開発。コンピュータ、通信機器、家電、自動車とそのサプライチェーン、宝飾品など精密部品の製造のほか、医療、農業、教育、サービスなどの分野で導入されている。


あわせて読みたい

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「家電」に関する記事

「家電」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「家電」の記事

次に読みたい「家電」の記事をもっと見る

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク