日本人しかいない住宅街の中華食材店が繁盛する意外な理由【中華ビジネス戦記】

日本人しかいない住宅街の中華食材店が繁盛する意外な理由【中華ビジネス戦記】

「ライチ500g1500円!予約なしだと1600円!欲しい人はチャットの名簿に書き込んでください!」

中国のメッセージアプリ「WeChat」でこんな一文が投稿されると、「500g買います」「私は2kg」と次々にコメントが投稿され、数時間後には10kg以上の予約が入った。

投稿したのは埼玉県富士見市で中華物産店「錦添(キムテン)アジア物産店」を営む田さん。

店舗がある場所は在日中国人が少ない住宅地で、一見すると経営が成り立つようには思えないが、マンゴーやスイカ、桃、北京ダック、エビなど中国人に人気が高い生鮮食品の入荷情報をオンラインでお知らせして“取り置き”するサービスで、同市外にもお得意様を抱えている。

「池袋や西川口はあえて避けた」

日本人しかいない住宅街の中華食材店が繁盛する意外な理由【中華...の画像はこちら >>
錦添アジア物産店は東武東上線の駅から徒歩5分ほどの住宅エリアにある。

錦添アジア物産店の最寄り駅は東武東上線の鶴瀬駅、池袋から準急で約30分ほどの静かな住宅地だ。実は筆者の実家に近く、外国人が少ない土地柄を知っているだけに、同店が2020年1月にオープンしたときは、他人事ながら客が来るのか心配になった。商圏を富士見市に広げても、人口11万人(平成30年)に対して中国人はわずか1%の1100人(同)。同じ埼玉県内でもチャイナタウン化が進む西川口を擁する川口市は、人口60万人に対して中国人が2万3000人いる。中国人の規模、比率どちらをとっても、錦添アジア物産店は「ぽつんと中華食材店」状態と言っていい。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「北京」に関する記事

「北京」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北京」の記事

次に読みたい「北京」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク