DJIに挑む中国「Autel Robotics」が超軽量ドローンを発表 わずか249g

DJIに挑む中国「Autel Robotics」が超軽量ドローンを発表 わずか249g

注目すべき中国のドローン(小型無人機)メーカーは、世界最大手の「DJI(大疆創新科技)」だけではない。

一般消費者向けドローンを得意とする「Autel Robotics(深圳市道通智能航空技術)」は9月28日、軽量ドローン「EVO Nano」シリーズとフラッグシップ機「EVO Lite」シリーズを発表した。

EVO Nanoシリーズは249グラムと軽量。4800万画素の静止画と4K動画を撮影できるスタンダードモデルの「EVO Nano」と、5000万画素の静止画に対応する上位モデルの「EVO Nano+」の2種類が用意されている。最大飛行時間は28分間。

EVO Liteシリーズのスタンダードモデル「EVO Lite」は、1/1.28インチCMOSセンサーを搭載。上位モデルの「EVO Lite+」は1インチCMOSセンサーを搭載し、2000万画素の静止画とフレームレート30fpsの6K動画を撮影できる。また、縦向き動画の撮影にも対応している上、RYYBカラーフィルター配列を採用し、光の吸収を従来のRGGB配列より40%向上させている。

EVO NanoシリーズとEVO Liteシリーズは、それぞれDJIの「Mini」シリーズと「Air」シリーズをベンチマーキングの対象としている。ただし価格はDJIの製品より高めだ。EVO Nanoの3999元(約6万8000円)に対して「DJI Mini 2」は2899元(約4万9000円)。EVO Lite+の7999元(約13万6000円)に対して「DJI Air 2S」は6499元(約11万円)となっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク