アリババ系ヘルステック企業、赤字転落。4~9月決算

アリババ傘下の医療プラットフォーム「アリヘルス(阿里健康)」が11月24日、2022年3月期の中間決算を発表した。売上高は前年同期比30.7%増の93億6000万元(約1700億円)だった。前年同期の利益2億7900万元(約50億円)に対して、今期は2億3200万元(41億円)の損失となり、一転して赤字に転落した。

アリヘルスは赤字転落の原因として以下の4つを挙げている。1:一連の事業刷新に伴うリソース配分、2:医薬品サプライチェーンおよび医薬品販売事業の精細化、再診時の処方箋発行の利便性、処方薬の安全性などに対する継続的な開発資金の投入、3:ECサイト「天猫(Tmall)」の医薬品プラットフォームとアリヘルスの直営サイト「阿里健康大薬房」のブランディングへのさらなる投資、4:オンライン医薬品販売における市場シェアの拡大および処方薬事業の展開とそれに伴う投資による医薬品販売事業の利益率低下。

アリヘルスの主力事業には、医薬品販売の直営事業、医薬品ECプラットフォーム運営事業、ヘルスケアおよびデジタルサービス事業の3つがある。

医薬品販売の直営事業の売上高は34.5%増の約81億元(約1450億円)で、売上高全体の87%近くを占めた。アリヘルスブランドで販売している医薬品の売上高は全体の64%に達する。

処方薬事業の売上高は127.3%増加し、9月末時点でオンライン直営店の年間アクティブ・コンシューマーは9000万人に上った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク