中国進出の「無印良品」スーパー併設店舗、「期待外れ」と失望の声

中国進出の「無印良品」スーパー併設店舗、「期待外れ」と失望の声

生活雑貨店「無印良品(MUJI)」を展開する良品計画は11月11日、スーパーマーケット併設店舗の中国1号店を上海市でオープンした。

総面積は4130平方メートルで、店舗デザインは全て良品計画が担当した。無印良品のエリアを運営するのは良品計画だが、併設のスーパーは京東集団(JD.com)傘下の「七鮮超市(7FRESH)」が運営を担当する。生鮮食品や惣菜のほか七鮮超市のPB(プライベートブランド)商品も並ぶ。

同店はオンライン販売と即時配送を組み合わせたサービスも提供している。配送時間は朝8時から夜10時まで。3キロ圏内からの注文ならば30分で商品を届ける。

中国進出の「無印良品」スーパー併設店舗、「期待外れ」と失望の...の画像はこちら >>

無印良品のスーパー併設店舗は、中国では今回が初出店となるが、日本国内では2018年に大阪府堺市で出店したのを皮切りに全国展開を進めている。生鮮食品や店内で調理された惣菜が並ぶだけでなく、イートインコーナーもある。店内では料理教室も開催されている。もちろん無印良品の服や雑貨などを買うこともできる。

中国初の無印良品のスーパー併設店舗がオープンするというニュースが報じられると、多くの消費者がSNSに期待のコメントを寄せた。実際、11日のオープン後は大勢の来店客でにぎわった。

ところが、実際に同店を訪れた消費者にインタビューしたところ、複数の人が「期待を裏切られた」という感想を漏らした。ある人は「無印良品の商品が並ぶエリアとスーパーのエリアが完全に切り離されている。無印良品の一角に七鮮超市が出店しただけの印象」だとした上で「生鮮食品の品揃えも普通のスーパーと同じで目新しいところはない。日本の無印良品は産地直送品が売りで、スーパーエリアも自社運営しているのに」と落胆の声を上げた。無印良品と七鮮超市の会員システムが連動していないことを指摘する声も聞かれた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

36Kr Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク