水素を用いた燃料電池を航空機向けに開発する「済美動力科技」がエンジェルラウンドで約1000万元(約2億円)を調達した。出資したのは険峰長青(K2 Angel Partners)で、源合資本(Yuanhe Capital)が単独で財務アドバイザーを務めた。調達した資金は製品開発や商業化推進に充てる。済美動力は2021年9月に設立された。

燃料電池を手がける企業で真っ先に航空機への実装を目指すケースは少数だ。しかし、これには中国の政策が作用している。中国国家発展改革委員会は3月23日に「水素エネルギー産業の発展に関する中長期的計画(2021~2035年)」を発表し、その中で「燃料電池を航空機分野で活用していく試みを積極的に進め、水素エネルギーを用いた大型航空機の開発を推進していく」と述べている。

済美動力を創業した宋珂氏によると、既存の航空エンジンやリチウムイオン電池を使用した場合と比べ、燃料電池はエネルギー効率のほかCO2排出量削減や安全性でも優れており、より必要性の高い応用シナリオだという。

航空エンジンは機械的エネルギー変換を用いるもので、システム効率が50%を超えることは難しい。騒音や振動という問題を抱えるほか、二酸化炭素や窒素酸化物などの温室効果ガスを排出することにもなる。リチウムイオン電池を航空機に搭載するには重量や容量面で限界があり、航続距離が短いという問題もあるため、大型航空機に用いるのは難しい。