企業のソーシャルメディアを一元管理、SaaS型マーケティング支援の「KAWO」が資金調達

ソーシャルメディア管理プラットフォーム「KAWO(科握)」がこのほど、シリーズAで約1000万ドル(約12億8000万円)を調達した。タイガー・グローバル・マネジメント(Tiger Global Management)が出資を主導し、セコイア・キャピタル・チャイナも出資に加わった。

2017年に上海で設立されたKAWOは、ブランドやマーケティング組織向けにワンストップのソーシャルメディア管理プラットフォームを提供し、企業の業務フロー改善やコラボレーション、データ主導の効果的な意思決定を支援している。標準化されたSaaSを提供しているソーシャルメディア管理プラットフォームとしては中国初だ。KAWOのメンバーはSaaSやデジタルマーケティングの分野に長年従事しており、中国ソーシャルメディアの効果的な運営戦略について造詣が深い。創業者の李静遠CEOはニューヨーク大学で生物学と経済学の学位を取得、SaaS業界の連続起業家で、KAWO全体の戦略と運営を一手に担っている。

KAWOのプラットフォームではソーシャルメディアのアカウント管理やマーケティングキャンペーンのスケジューリング、チームおよびクライアントとの効果的なコラボレーションが行えるほか、詳細なデータ分析レポートやライバル企業のモニタリングなどを通じてソーシャルメディアデータのさらなる活用を後押しする。現時点では微博(Weibo)、微信(WeChat)、TikTok中国版の抖音(Douyin)、快手(Kuaishou)に対応しているほか、間もなく小紅書(RED)やビリビリ動画(Bilibili)などもサポートする予定で、中国の主要なソーシャルメディアプラットフォーム全体をカバーすることになる。