中国電動二輪「HORWIN」、欧州市場で奮闘 電池材料にニオブ活用で成長狙う

中国の電動二輪車メーカーが欧州市場で存在感を増している。シェアトップで米ナスダック上場の電動スクーター大手、小牛電動(Niu Technologies、NIU)に続き、今最も注目されているのが、江蘇浩万智能科技(HORWIN、ホーウィン)だ。隠れた実力派ともいえる同社は、リチウムイオン電池材料としてレアメタル(希少金属)の一種である二オブ(Nb)の活用を模索するなど、今後の成長が期待されている。

HORWINは2016年に江蘇省常州市で設立。通勤などを想定した電動スクーター(EKシリーズとSKシリーズ)とレジャー・バイク愛好者向けの電動バイク(CRシリーズ)が主力製品だ。小売価格は3000~7000ユーロ(約40万7000~94万9000円)で、中高級路線を取る。

19年にイタリア・ミラノで最初の製品である電動バイク「CR6」の欧州販売開始を発表した。CR6の最高時速は95キロ、フル充電時の最大航続距離は150キロで、同年の受注(金額ベース)は7000万元(約13億6800万円)超に達した。20~21年にも新製品を投入し、21年末時点の累計販売台数は3万台超を記録。年商1億元(約19億6000万円)を突破した。36Krが調べたところ、単独資本でこれほどの実績を上げている中国企業はHORWINだけだ。

中国電動二輪「HORWIN」、欧州市場で奮闘 電池材料にニオ...の画像はこちら >>
(HORWIN・CR6シリーズの電動バイク)

国内市場は飽和、海外に熱視線

中国の二輪車市場は今、大きな変革期を迎えている。背景にあるのが、習近平指導部が掲げる2030年までに二酸化炭素(CO2)排出量をピークアウトさせ、60年までに実質ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するという「双碳(ダブルカーボン)」目標や、環境保護意識の向上、新たな消費行動を意味する「消費のアップグレード」機運の高まりだ。自動車産業全体の電動化・スマート化を受け、二輪車産業も同様の変革を求められていることも大きい。